製造ソリューション事業本部 03-4243-414303-4243-4123

製造ソリューション事業本部

TEL : 03-4243-4123

  • HOME
  • ものづくり補助金

ものづくり補助金


お得に導入するチャンス!「ものづくり補助金」で、3Dプリンターの導入をお考えの企業様へ万全の保守サポートで導入後も安心!丸紅情報システムズへご相談ください! 最大3000万円

ご相談・お問い合わせはこちら⇒

「ものづくり補助金」とは

経営力向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための中小企業・小規模事業者の設備投資等の一部を支援する政府の補助金事業です。
【名称】平成28年度補正予算「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」
【公募期間】平成28年11月14日(月)~平成29年1月17日(火)

補助対象

認定支援機関の全面バックアップを得た事業を行う中小企業・小規模事業者で、以下の要件のいずれかを満たす必要があります。

1.革新的サービス

「中小サービス事業者の生産性向上のためのガイドライン」で示された方法で行う革新的なサービスの創出・サービス提供プロセスの改善であり、3~5年計画で、「付加価値額」年率3%及び「経常利益」年率1%の向上を達成できる計画であること。

2.ものづくり技術

「中小ものづくり高度化法」に基づく特定ものづくり基盤技術を活用した革新的な試作品開発・生産プロセスの改善を行い、生産性を向上させる計画(3~5年計画で、「付加価値額」及び「経常利益」の増大を達成する計画)であること。

対象型と補助上限額等

<1>第四次産業革命型

「IoT・AI・ロボット」を用いた設備投資を行うこと(注1)

  • ・補助上限額 :3,000万円
  • ・設備投資が必要
  • ・対象経費 :機械装置費、技術導入費、運搬費、専門家経費(注2)

<2>一般型

  • ・補助上限額 : 1,000万円(注3)
  • ・設備投資が必要
  • ・対象経費:機械装置費、技術導入費、運搬費、専門家経費(注2)

<3>小規模型

【設備投資のみ】

  • ・補助上限額 : 500万円(注3)
  • ・設備投資が必要
  • ・対象経費 :機械装置費、技術導入費、運搬費、専門家経費

【試作開発等】

  • ・補助上限額 : 500万円(注3)
  • ・設備投資が可能(必須ではない)
  • ・対象経費 :機械装置費、技術導入費、運搬費、専門家経費、原材料費、外注加工費、委託費、
    知的財産権等関連経費、クラウド利用費
注1:本事業においてIoTへの設備投資を行うことで、単に従来から行われている単独機械の自動化(ロボット)やAI(人工知能)技術の活用、工程内の生産管理ソフトの導入ではなく、複数の機械等がネットワーク環境に接続され、そこから収集される各種の情報・データ(ビッグデータ)を活用して、①監視、②保守、③制御、④分析のうち、いずれか1つ以上を行い、AIやロボットを活用するものを対象とします。
注2:「機械装置費」以外の経費については、総額で500万円(税抜)までを補助上限額とします。
注3:雇用増(維持)をし、5%以上の賃金引上げについては、補助上限を倍増。最低賃金引き上げの影響を受ける場合については、補助上限をさらに1.5倍。

すべての対象型で補助率は2/3以内

ものづくり補助金で3Dプリンター導入のチャンス!

3Dプリンターは技術革新や生産性向上を支えるソリューションです。

「実際にどのようなシーンで活用できるのか?」「どんな革新や生産性向上が期待できるのか?」 お客様の課題に合わせて最適な製品、また3Dプリンター活用方法をご提案いたします。 お気軽にお問い合わせください。

3Dプリンティングを活用しているユーザー様の事例 >>>



丸紅情報システムズはものづくり補助金へのチャレンジを応援します!


  • 無償の造形サンプルをご用意しています。また、必要に応じて製品データ等もご用意いたします。
  • 国内販売20年以上の実績にもとづく豊富な知見で、3Dプリンティングに関するあらゆるご相談を承ります。
  • 導入後も安心してお使いいただけるよう、万全の保守サポートサービスをご用意しています。
  • ※計画書の作成および申請は申請者様で行っていただく必要がございます。

    ご相談・お問い合わせはこちら⇒
    ■本ページの内容は、2016年11月14日に中小企業庁から発表された平成28年度補正予算「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」の公募についてのお知らせを元に作成しています。
    ■ 最新情報は、全国中小企業団体中央会WEBサイトよりご確認ください。(外部サイトへジャンプします)

    最新の3Dプリンター活用事例公開中!ものづくり革命ダウンロードもこちら


    TOP