ARGUSOptical Forming Analysis

ARGUSについて

ARGUS - プレス成形解析

ARGUSシステムはシートメタルをはじめとする各種成形品のひずみ量を測定するための最適なシステムです。
面単位で成形限界線図(FLD)を測定し、また板厚減少率を演算することで材料特性の分析や成形品の割れシワ判定数値シミュレーションとの比較による検証が可能です。

ARGUSでの解析処理

測定、評価、レポート作成までの全プロセスをARGUSソフト内にて行うことができます。

同一メーカが開発するソフトウェアにより、ハードウェアの能力を最大限に活用し、高精度な測定と効率的な評価を実現します。

  • 表面の三次元座標値
  • 最大主ひずみ/最小主ひずみ
  • 板厚減少率の計算
  • CADデータとの比較
  • 成形限界線図(FLD)の作成
  • 応力歪曲線の作成
  • ポアソン比の作成

解析シミュレーションとの検証

ARGUSシステムで得られた形状データはCAD等の他の形状データと比較が可能です。

CAEで得られた形状データと比較することで開発期間・コストの削減に貢献します。

適用分野

  • 負荷の高い成形箇所の確認
  • 複雑な成形問題の解決
  • 成形工程の最適化
  • 金型の検証
  • シミュレーションの検証・妥当性の確認

ARGUSラインナップ

  2M 5M 24M
 
カメラ解像度 1600×1200 2440×2050 6000×4000
測定対象物 100mm² ~ 100m²※調整可能
測定点 10,000(最大1,000,000)
ひずみ測定レンジ 0.5% ~ 300%
ひずみ測定精度 0.1
ARGUS 24M システム構成例

ARGUSの活用事例を見る

以下のようなお悩み・ご要望について、お気軽にお問い合わせください。

  • 3Dスキャナ、または
    3D測定機器の選定に
    悩んでいる

  • 自社の業務にあった
    製品を知りたい

  • 製品のスペック、
    活用事例を知りたい

  • 他社製品とどこが
    違うのかを知りたい

  • 製品の価格を
    知りたい