Virtual Measuring Roomについて

VMRソフトウェア

Virtual Measuring Room(VMR)は、ATOS計測セルの全ての機能を制御する測定計画ソフトウェアです。VMRは実際の測定環境、ロボットの動きを仮想的にシミュレーションできるため、測定者は特定のロボット・プログラミング技術を必要とすることなく簡単に操作することができます。全てのロボットの動きはVMR上で実際の測定前にシミュレーションされて、安全のために干渉チェックされます。

VMRで全ての測定プロセスをカバー

vmr flow

検査計画

測定計画が付加されたCADデータを同時にインポートすると、格納されていた検査項目を測定計画から自動的に検査特性へ割り当てられます。測定レポートも事前にオフラインで準備できるため、測定結果は測定終了後に瞬時に表示されます。

ロボット・プログラミング

VMRのオート・ティーチング機能はCAD表面上の全ての検査箇所と表面データ取得するために必要とされるセンサの位置情報を計算します。さらにその後に全ての検査箇所を網羅しながら、安全かつ最短の動きとなるように測定パスの最適化が行われます。オート・ティーチング機能によって、信頼性が高く、最適化されたロボット・プログラムを作成するために必要とされる時間は最低限に保たれます。

Burn-In

オフライン作成した測定プログラムは自動化プロセスを用いたATOS ScanBoxで1度だけ動作確認を行います。ロボットは自動的に測定位置に移動して実際の対象物上で個々の測定パラメータ(例:露光時間)を定義します。特有の機能を使用してソフトウェアは光沢による測定エラーを防ぐために自動的に対象物の光沢状態を把握して、フリンジプロジェクションを調節します。

測定シリーズ

1度作成した測定プログラムは他の測定物の検査にも適用可能です。ロボットはソフトウェアによって完全に制御されて、決められた測定位置に沿って連続して移動します。それぞれの測定データ毎に良質な基準を満たすかどうかのチェックが行われます。CADや測定計画のデータ変更はパラメータ化されたソフトウェアによって素早く更新されます。

測定評価

全てのデータ取得が実行された後、ソフトウェアは検査計画箇所の実測値と測定物の表面をポリゴンメッシュへ変換計算します。このデータはCADやマスターデータと比較されてレポート表示されます。測定結果は特有なエクスポート形式(例 SQC:統計品質管理データベース等)で自動的に保存されます。異なる測定物の測定手順の場合も自動的に実行されます。

以下のようなお悩み・ご要望について、お気軽にお問い合わせください。

  • 3Dスキャナ、または
    3D測定機器の選定に
    悩んでいる

  • 自社の業務にあった
    製品を知りたい

  • 製品のスペック、
    活用事例を知りたい

  • 他社製品とどこが
    違うのかを知りたい

  • 製品の価格を
    知りたい