• Casting 鋳造・鍛造プロセス向け光学式3D測定技術

Casting

鋳造・鍛造プロセス向け光学式3D測定技術

gom certified partner

ATOS 3Dスキャナは従来の接触式測定器やアーム式測定機とは大きく異なるシステムです。1点ずつを測定していく手法に代わり、部品の全体形状を高密度な点群データやポリゴンメッシュデータとして取得して、測定対象物の表面状態と形状を正確に再現します。したがって全体形状の検査と接触式測定器では見逃していた問題箇所の発見が可能となります。

  • 素早い全体形状測定

  • モバイルシステム

  • 板厚・肉厚検査

  • 幅広く対応できる
    測定システム

  • ATOSタッチプローブ

  • 接触式測定器では見逃していた問題箇所の発見部品全体の3D形状での視覚化と把握

  • 対象物のある場所で測定が可能
    (重量物の移動工数も削減)

  • 従来の測定手法に比べて多くの検査・確認が可能
    素早く問題箇所を発見することで決定プロセスを短縮化

  • さまざまなプロセスチェーン(中子、モデルプレート、ワックスモデル…等)で小さいものから大きいものまで簡単に非接触測定

  • 全体形状3Dスキャニングとタッチプローブの組合せ測定
    (プリミティブ、CAD比較、素早くポイント測定等 )

ATOS 3Dスキャナの製品詳細をみる

3ステップ測定フロー

STEP1:3Dポリゴン・メッシュ生成

ATOSは高精度な3D座標と三角メッシュデータを生成

  • デジタルデータとして保管・管理
  • 金型改修をCADデータへ反映
  • モデルや金型の複製
  • ATOS測定データを元にしたダイレクト加工(CADデータ不要)
  • リバースエンジニアリング
STEP2:評価

ATOSソフトウェアでデータ編集や3D検査

  • 品質管理、初品検査、材料許容管理のための傾向分析
  • 従来の測定手法で見逃していた肉厚欠陥箇所の特定
  • 壁厚部の危険部位の素早い把握
  • 従来の図面との比較や寸法管理に対応
STEP3:測定結果の共有(GOM Inspect)

無料検査ソフトウェア:

GOM Inspectで検査レポート作成
フリービューワーとして結果出力

  • 部門や会社間で素早く測定結果を共有
  • 3D測定&3D検査データの共有により、さらなる分析作業を実施
  • 1つのファイルに全てのデータを格納
  • 測定結果は顧客や部門間でさらなる議論や分析作業に利用可能
CADインポート
CADインポート
CADとの3D偏差
CADとの3D偏差
断面2D分析
断面2D分析
板厚・肉厚算出
板厚・肉厚算出
デジタルノギス
デジタルノギス
2D寸法検査
2D寸法検査
編集可能な測定レポート
編集可能な測定レポート
GOM Inspect (無償検査ソフトウェア)
GOM Inspect
(無償検査ソフトウェア)
GOM Inspectのソフトウェア詳細をみる

統合化されたハードウェア&ソフトウェア・ソリューション

ATOSソフトウェアは測定と検査機能を全て網羅しています。 測定・評価・検査・レポート作成、これら全てが1つのソフトウェアで完結できます。

  • 最適化されたワークフローで時間短縮
  • 簡単操作のため早期に習得可能
  • 別途検査ソフトウェアの購入不要
  • ハードウェア・ソフトウェア共に同一のサポート窓口
  • 追加費用無く、様々なCAD独自フォーマットに入力対応

鋳造・鋳造プロセスチェーンでのATOS活用

ATOSは鋳造・製造プロセスチェーンにおいて、正確に素早い測定ソリューションとして使用されており、様々なアプリケーションのワークフローを最適化、簡易化することができます。
ATOSセンサは工業環境下において高品質且つ安定性のあるデータを提供します。

中子と砂型
  • 部分的な分析では把握できなかった全体形状の分析と問題個所の特定
  • 従来同様の断面分析
  • 正確な中子の組付け組付け位置を保証保証するための品質確認
  • 砂型の摩耗状態を素早く分析
  • 中子と砂型のクリアランス確認
モデルと金型
  • 工具干渉を削減するために加工データの検証
    (測定データから加工用データ作成)
  • デジタルデータとしての保管・管理
  • 摩耗の把握により、金型寿命の延長
  • 材料のコスト算出
鋳造の事例を見る
このページを資料としてダウンロードはこちら

以下のようなお悩み・ご要望について、お気軽にお問い合わせください。

  • 3Dスキャナ、または
    3D測定機器の選定に
    悩んでいる

  • 自社の業務にあった
    製品を知りたい

  • 製品のスペック、
    活用事例を知りたい

  • 他社製品とどこが
    違うのかを知りたい

  • 製品の価格を
    知りたい