• Sheet Metal 産業用シートメタル成形プロセスのための3D測定

Sheet Metal

産業用シートメタル成形プロセスのための3D測定

gom certified partner

プレス成形業界では、品質条件の向上、コストや時間削減などの要求が日々高まっています。こうした需要を満たすために、設計エンジニア、金型製造者、研究開発、生産、品質管理のスペシャリストが光学測定システムに信頼を寄せる傾向はさらに強まっています。GOM 社の測定システムはスタンピング、曲げ、絞り、プレス、そして成形の各プロセスチェーンで使用され、シートメタル特性の決定、金型トライアウトの短縮化、初回品検査、量産のための生産管理、アッセンブリ分析に至るまで一貫した品質保証を確約しています。

シートメタル成形プロセスにおける品質管理

シートメタル成形プロセスにおける品質管理
材料パラメータ / FLC

材料パラメータ / FLC

用途
シートメタル合金の材料パラメータに関する知識は、適切なコンポーネント設計 (CAD)、良好かつアクティブな表面を用いた機能的ツールの開発、現実的シミュレーション (CAE) のための確かな基礎を提供します。これにより、様々な製品、金型レイアウトや成形プロセスの信頼性のあるシミュレーションや最適化が可能です。

  • シートメタル特性と材料決定
  • ISO 12004準拠する材料の典型的な成形限界曲線(FLC)
  • Nakajima, Marciniak, Bulge (ISO 16808 準拠)
  • 張力テスト、穴広げ試験およびせん断試験
特徴
材料ひずみ (最大主ひずみ & 最小主ひずみ) の全範囲測定は、手動、拡大鏡または顕微鏡による決定よりも著しく正確性に優れています。新合金の材料パラメータ定義、製品の受入れ決定、コイル品質の変化を検査することができます。
測定システムおよび評価
材料パラメータ / FLC:図
設計 / CAD

設計 / CAD

用途
全範囲の形状取得により、リバースエンジニアリングやコンポーネント・金型形状を既存の CAD ソフトウェアパッケージに適合させることが可能となります。さらに、CAD データには設計時に検査計画が既に供給されており、3D 測定計画は CAD データ上で直接行われます。

  • コンポーネント形状の取得
  • (修正済み) 金型の取得
  • スプリングバック補正
  • CAD における検査計画
特徴
全範囲の形状取得により、リバースエンジニアリングやコンポーネント・金型形状を既存の CAD ソフトウェアパッケージに適合させることが可能となります。さらに、CAD データには設計時に検査計画が既に供給されており、3D 測定計画はCAD データ上で直接行われます。
測定システムおよび評価
設計 / CAD:図
シミュレーション & 成形限界分析

シミュレーション & 成形限界分析

用途
3D デジタイズにより STL データ上で直接スムージングを行っことができ、金型の製作およびメンテナンスにメリットがもたらされます。トライアウトでは、3D 測定データから金型修正が直接導かれます。欠陥コンポーネントの原因がいつも金型形状にあるとは限りません。動的成形プロセスを測定することで、機械ツールの剛さ、傾き、角度位置などに関する情報を得ることも可能です。

  • 材料厚減少や材料の細線化 (ブランク材、パイプ等)
  • 最大主ひずみと最小主ひずみ
  • 成形限界図
  • 数値 FE シミュレーションの検証
特徴
材料選択、金型評価、成形機械および成形プロセ スのプロセスパラメータ最適化をサポート。測定データに 基づいた FE シミュレーションの検証が知識の構築に役立ち、数値シミュレーションの信頼性向上を保証します。
測定システムおよび評価
シミュレーション & 成形限界分析:図
金型製作、テスティング & 機械能力分析

金型製作、テスティング & 機械能力分析

用途
3D デジタイズにより STL データ上で直接スムージ ングを行っことができ、金型の製作およびメンテナンスにメリットがもたらされます。トライアウトでは、3D 測定データから金型修正が直接導かれます。欠陥コンポーネントの原因がいつも金型形状にあるとは限りません。動的成形プロセスを測定することで、機械ツールの剛さ、傾き、角度位置などに関する情報を得ることも可能です。

  • STL 測定データ上の CNC スムージング
  • 許容管理とポジショニング
  • 磨耗管理、溶接マーキング、残留物の検出
  • 機械の挙動解析
特徴
STL データ上で直接スムージングを行い、CNC 機械加工の時間を削減 (金型製作とメンテナンス)。最終的な金型製作までの繰り返し回数が減少。金型および機械ツールを正確に調整することにより、金型の耐用年数の延長、メンテナンス & 補修コストの削減を実現。
測定システムおよび評価
金型製作、テスティング & 機械能力分析:図
初回品検査

初回品検査

用途
完全な測定・検査レポートを含む全範囲の形状 & 寸法分析により機能性が確保され、光学的な条件が満たされます。また、コンポーネントに物理的な変形を加えること なく評価が可能となります。初回品検査は、測定計画 (CMM 検査)、2D 図面または PMI パラメータや幾何公差 (GD&T) を備えた CAD に基づいています。

  • 表面欠陥検出不要
  • 形状 & 材料厚の検査
  • スプリングバック分析 (補正)
  • トリミング & スプリング
  • ヘムエッジ、穴パターン
  • 金型修正
特徴
全範囲のコンポーネント測定により、未チェック箇所がゼロに。長い表形式の検査レポートの代わりに理解しやすい結果を提示することにより、金型形状 (スプリン グバック、トリミング) ならびに機械・プロセスパラメータ (潤滑、押さえ力、閉力) の修正値を迅速に決定することが可能となっています。
測定システムおよび評価
初回品検査:図
量産品検査

量産品検査

用途
量産のための生産管理では、自動の生産関連モバイル測定セルにより、スクラップや手直しにかかる時間が 削減されます。測定物を離れた場所にある測定室まで運ぶ必要はありません。ロボットキネマティクスや検査計画を含むプログラミングは、CAD 上のバーチャル測定室 (VMR) にてオフラインで実行できます。そのため、測定セルの生 産性を維持することができます。

  • 自動品質管理
  • 生産工場における検査レポート
  • リアルタイムでの傾向分析 (原因/進捗)
  • プロセス管理と摩耗管理
  • 統計分析と統計解析 (Cp/Cpk/Pp/Ppk/Min/Max/Avg/Sigma)
特徴
完成引き渡しの測定セルは使用場所に柔軟に対応します。生産の場面で直接使用が可能。迅速に測定結果を出します。操作安全機能が統合された自動測定セルは、 納入後1~2日以内に使用準備が整います。これらのセルは現場職員による操作のもと、プロトタイピング、金型製作、 分析、生産およびアッセンブリに適応可能です。
測定システムおよび評価
量産品検査:図
アッセンブリ & 治具

アッセンブリ & 治具

用途
範囲またはポイントベースのトラッキングにより、物理的コンポーネントを相互に位置合わせ・ポジショニングしたり (光学式ゲージ)、最適な仮想位置合わせを現実の物理的世界に反映することが可能となります。加えて、バックプロジェクション機能を使用し、線、円、ポイントといった特徴をコンポーネントに直接投影することができます。

  • 治具やゲージ等のキャリブレーション
  • 設計位置またはアッセンブリにおけるコンポーネントのオンラインポジショニング
  • 隙間・段差分析
  • コンポーネントのマーキング (断面線、円)
特徴
プロトタイプ、Meisterbock & Cubing ならびに量産のリアルタイム表示ための迅速なアッセンブリ分析。サブアッセンブリならびに重要単体部品の検査 (取付け形状およびコンポーネント表面)取扱いの簡単さとセットアップ要件レベルの低さで、従来のゲージや治具に取って代わります。
測定システムおよび評価
プレス成形の事例を見る
このページを資料としてダウンロードはこちら

以下のようなお悩み・ご要望について、お気軽にお問い合わせください。

  • 3Dスキャナ、または
    3D測定機器の選定に
    悩んでいる

  • 自社の業務にあった
    製品を知りたい

  • 製品のスペック、
    活用事例を知りたい

  • 他社製品とどこが
    違うのかを知りたい

  • 製品の価格を
    知りたい