IoT Japan 2017

イベント
東京
ものづくり
セキュリティ
業務向けソリューション
AI
半導体・デバイス
IoT

プログラム内容

丸紅情報システムズは、「IoT Japan 2017」へ出展いたします。
あらゆる“モノ”がインターネットにつながることで新たな付加価値を生み出す「Internet of Things(IoT)」がいよいよ普及期を迎え大きな注目を集めています。
IoTは、家電やロボット、機械などのユーザー・インタフェースとなる機器、センサーやマイコンなどの要素部品、クラウド、データ分析、機械学習など、様々な技術要素の集合体であり、その普及・浸透には多くの企業や組織の連携が必要不可欠となります。
IoTに関する最新のトレンドやソリューションを紹介する「IoT Japan 2017」は、IoTに関わるあらゆる業種のキーパーソンに、商談・ビジネス交流などネットワーキングの場を提供します。

当社ブースでは、無線通信エッジデバイスでのセンサーデータの収集から、IoTプラットフォーム、AIを活用したデータ分析までトータルにサポートする多彩な製品をご紹介いたします。

皆様のご来場をお待ちしております。

開催日時

2017年10月11日(水) ~ 2017年10月13日(金)

10:00~17:30


会場

東京ビッグサイト
ブース番号:0910

主催

日経BP社

【出展製品】

PTC社 IoTプラットフォーム「ThingWorx」:
導入実績が豊富かつ(世界シェア1位)、あらゆる機器との接続実績、ノンプラミング環境で、IoTアプリをスピーディーにオンプレミスで開発可能。Analytics機能もサポートしており、複雑な機械学習の専門知識を必要なく、ThingWorxと連携して、分析・予測機能を開発者にご提供します。

 

GRID社 機械学習/深層学習のフレームワーク「ReNom」:
ReNomは、機械学習に必要な幾つものアルゴリズムを取り揃えており、ReNomを活用することで、個別にAI開発を行うよりもデータ分析期間の短縮が可能となります。データ分析では、プロジェクト型の一過性の作業だけでなく、これからの業務に組み込まれた分析サービスとして継続的に提供できるようコンサルティングチームが、運用に併せたモデルメンテナンスをサポートします。

 

GE Digital社 制御システム向けサイバーセキュリティプラットフォーム「Opshield」:
「OpShield」を導入することによって、OTネットワーク 上を流れる通信をコマンドレベルで常時監視することが可能です。これにより、コマンドの正常/異常の識別が可能となり、セキュリティインシデントに伴うダウンタイムを最小限化し、ネットワークの可用性も確保することによって、重要な資産をサイバー攻撃の脅威から保護することが可能です。

 

MULTISOUP社 屋内位置情報&位置/設備マッピングソリューション 「iField Indoor」:
工場・倉庫・プラント・工事現場・病院といった施設内での、人・車両・モノ(製品・道具)・機械などの現場での動きをマップ上で“見える化”することにより、屋内施設の仕事状況を点・線・面・体での把握を可能にし、仕事の稼働状況や問題点を浮かび上がらせる屋内位置情報サービスです。

 

低消費電力無線センサーネットワークシステム「WSN-24シリーズ」:
・低消費電力設計によるバッテリー駆動可能なセンサーネットワークシステムです。
・各種市販センサーからのデータや、各種メーターからのパルスデータの無線伝送が可能です。
・ゲートウェイ、クラウドを含めたトータルソリューション提案が可能です。

 

半導体デバイス・モジュール製品「Microchip」「Nodic Semiconductor」「IDT」:
・IoTの実現に必要不可欠な各種半導体デバイスを展示いたします。各種無線通信デバイス・モジュール、セキュリティ、マイコン等各種取り扱っております。
・Microchip 社のAWS ゼロタッチ セキュア プロビジョニング プラットフォームは、AWS IoT (Amazon Web Services IoT) クラウドに接続するIoT デバイスのための業界初のエンドツーエンド セキュリティ ソリューションをご提案します。
・Nordic社のnRF52xxxシリーズはパワフルなARM Coreを内蔵した超低消費電力を実現した無線ICです。通信規格は2.4GHzのBluetooth Low EnergyだけでなくANTや独自規格にも対応しております。
・IDT社のQi規格に準拠したトランスミッタ/レシーバICは様々な機器のワイヤレス給電を実現します。特にタブレット端末、スマートフォン、携帯ゲーム機、デジタル・メディア・プレーヤ、多機能プリンタ等幅広くご利用頂けます。

 

イベント公式サイトは こちら