3D測定システム

このページでは丸紅情報システムズの各ユーザ様に導入いただきました、3D測定システムに関する最新の導入事例や各製品をご紹介しています。

3D測定システム 最新導入事例

3D測定システム 製品情報

ARAMIS(アラミス)について

ARAMISは各種金属や樹脂・コンポジット等の材料試験における試験片の三次元変形、ひずみを高精度に測定するための最適なシステムです。試験片や複合素材の静的、動的変形を非接触で行い、材料特性や変形特性を三次元的に可視化し、解析が可能です。人手によるゲージ等の従来手法では測定が難しい複雑な歪量や三次元変位量を測定し、様々なアウトプット手法と組み合わせることで開発期間短縮・コスト削減に貢献します。

ARAMIS(アラミス)

ATOS SCANBOXについて

三次元デジタイザATOS、ロボット、ティーチングソフトと基本的なティーチングプログラム、後処理ソフトなど、業務の自動化に求められる機能をパッケージ化。測定物を設置するだけで、計測から検査帳票の作成までを自動的に行えます。オペレータ毎の技量の差による計測結果のバラつきを無くし、多量な測定の工数削減を実現します。

ATOS SCANBOX

ATOS(エイトス)について

非接触型光学式3次元デジタイザATOSは、本体に取付けられた2個のCCDカメラと1個のプロジェクターにより、測定対象物の素材や大きさにとらわれることなく、有形物の形状を取り込むシステムです。小型の匡体は測定場所を選ばず、写真を撮る感覚で素早く、正確に座標化し、形状データを作成します。検査、デザイン、研究開発、品質管理、解析などの多分野で、ATOS微細部品から携帯電話、家電、自動車、航空機、タービンなどを計測した数多くの実績があります。

ATOS(エイトス)

Tebis(テビス)について

Tebis CAD/CAMシステムは、大量のデジタイズデータの取込からポリゴン処理、リバース面作成・NCデータ作成が行えるトータルソリューションシステムです。優位性の高い機能と高速な演算処理で設計から加工工程までの時間を大幅に短縮し、高品質なリバース面やツールパス作成により、付加価値の高い製品の製造に貢献します。三次元デジタイザの膨大な測定データでも、高速・高精度に面処理やツールパス作成が可能です。古くからBMW、メルセデスなどの欧米自動車メーカーに多数導入されており、日本の大手自動車メーカーおよび関連企業にも広く普及しています。

tebis

ATOS TripleScan(エイトス トリプル スキャン)

非接触型光学式3次元デジタイザATOSは、本体に取付けられた2個のCCDカメラと1個のプロジェクターにより、測定対象物の素材や大きさにとらわれることなく、有形物の形状を取り込むシステムです。小型の匡体は測定場所を選ばず、写真を撮る感覚で素早く、正確に座標化し、形状データを作成します。検査、デザイン、研究開発、品質管理、解析などの多分野で、微細部品から携帯電話、家電、自動車、航空機、タービンなどを計測した数多くの実績があります。

ATOS TripleScan

Tritop(トライトップ)について

写真測量技術を応用したTRITOPシステムは、任意の場所に貼ったポイントシールやアダプター、手書き線などの正確な3次元座標を計測することができます。モバイル性に優れ、測定物のある場所で、短時間での測定を実現します。

Tritop(トライトップ)

NC Brain(エヌシーブレイン)について

NC Brainは加工安全性の向上と加工時間の大幅な短縮を実現する加工最適化のためのNCデータ最適化システムです。加工現場で発生しうる問題点や改善項目を分析し、切削加工に必要なすべての情報をデータベース化します。NC BrainはNCデータのみを利用し、1回の高速シミュNC Brainレーションで効率的な結果を得ることが可能です。

NC Brain

ShaPixについて

ShaPix(シェイピックス)は、精密にサーフェス全体を測定する高度な平面測定システムです。
1ショット(150mm×150mm、もしくは280mm×280mm)を約1分の測定時間、また約1μmの精度で測定し、対象物表面の平面度、うねり、形状データを取得します。複数の測定データを貼り合わせる機能を備えており、1ショットの測定範囲を超える自動車部品のような大きな対象物でも測定することが可能です。加工後の測定や組付時の測定における変形確認、不具合品の原因究明にも有効です。センサーのみの提供が可能※で、お客様のニーズに合わせたカスタマイズにも対応します。 
※S1500のみ対応可能

Coherix
PAGETOP