Vol.28


 >>製品ページ >>製品のお問い合わせ
丸紅情報システムズ メール会員様限定 メールニュース バックナンバー

丸紅情報システムズ  Microchip NewsLetter Vol.28

◆ Information Mail ………………………………………………………………………

   いつもお世話になっております。丸紅情報システムズです。

…………………………………………… http://www.marubeni-sys.com/ ………

暑かったり涼しかったり温度差が激しい夏が続いております。
体調にはくれぐれも気を付けてお仕事されてください。
日本の企業が元気だと日本全体が、いえ世界中が元気になりますよね!
昨年の節電ブームほどではありませんが、今年も節電されている
企業様は多いです。また、開発アプリケーションも環境発電
(エナジーハーベスト)が増えてきております。PICの超低消費
電力が日本の、いや世界の未来を救うのではないでしょうか!

╋━━★INDEX★………‥‥‥・・・・・・‥‥‥…………━━━━━━━━━……
┃◆今回のプレゼント⇒Schick HYDRO5 POWER SELECT
┃◆セミナーInformation⇒MSYS PIC32セミナー 【無料】
┃◆HOT TOPICS⇒Bluetooth,Wi-Fiモジュール RN-42,RN-171&131C
┃◆Microchip DLL⇒MPLAB XC コンパイラ
┃◆Microchip DLL⇒dsPIC33E DSCとPIC24E MCU
┃◆今日の後閑さん⇒『PIC F1ファミリ』
┃◆編集後記
╋━━━━━━…………‥‥‥・・・・・・‥‥‥…………━━━━━━‥…………

★今回のプレゼント:『Schick HYDRO5 POWER SELECT』

『カスタム振動で、あなたに最適な剃り心地』で有名なSchick HYDRO5 POWER SELECTを
いただきました!
”?”と思われる方も多いかもしれませんが、本製品には、MicrochipのPIC10F222と
昇圧レギュレータのMCP1624が搭載されています。

モーター内蔵のカミソリは3段階のカスタム振動で剃り味抜群!
さらに電池残量表示機能で電池の交換時期もわかります。
電池はEnergizer社の単4アルカリ電池が付属されています。
この剃り味に感動してみてください~

今回は5名様に
応募はこちらから・・・
http://www.marubeni-sys.com/device/mti/magazine/

★セミナーInformation:『MSYSPIC32セミナー』

PICシリーズ最高峰のPIC32のセミナーを開講します!
今回はPIC32に採用されているMIPSコアの説明を、MIPS Technology Japan/豊田様に
特別講義していただきます。
さらに! Microchip本社よりMr.Patrick Heathが来日して、最新情報をたっぷり語ります。
(通訳あり)

またマイクロチップジャパンのご厚意で【Microstick II】開発ツールを参加者全員に
プレゼントです。先着順でお席に限りがありますのでお早めに!

9月25日(火)13:30~
東京(渋谷)定員:30名
大阪(大阪)定員:20名(東京会場のテレビ中継です)

詳細はこちら・・・
http://www.marubeni-sys.com/device/mti/

★HOT TOPICS:『Bluetooth/Wi-Fiモジュール RN-42/N-171&131C』

快進撃を続けるMicrochipが、またもや面白い会社を買収しました。
BluetoothやWi-Fiのモジュールメーカー”Roving Networks”社です。
性能はもちろんですが、特にコストと使いやすさが魅力のようです!
Wi-Fiは802.11のbとgを、Bluetoothは2.1をサポートしています。
今後Bluetoothは・・・なんと4.0も視野に入っております!
ぜひ、今のうちに検討してみてはいかがでしょうか?
なおRN-42⇒Bluetoothモジュール、RN-171&131C⇒Wi-Fiモジュールです。

詳細はこちら・・・
RN-42:http://www.microchip.com/wwwproducts/Devices.aspx?dDocName=en558330
RN-171:http://www.microchip.com/wwwproducts/Devices.aspx?dDocName=en558370
RN-131C: http://www.microchip.com/wwwproducts/Devices.aspx?dDocName=en558368

★Microchip DLL:『MPLAB XC コンパイラ』
★Microchip DLL:『dsPIC33E DSCとPIC24E MCU』

新しいコーナー(?)です。
Microchip Down Load Leaflets すなわち
Microchipのぜひともダウンロードしてほしい資料(そのまま・・・)です。

今回はMPLAB XCコンパイラ、dsPIC33EとPIC24Eです。
この資料をみていただくと簡単にその魅力を理解してもらえると思います。
”必要なコード最適化レベルに合わせて下記の製品エディションをお選びください”
”3ステップで簡単に開発に着手できます”

簡単明瞭で導入しやすいステップが書かれております。
ぜひダウンロードしてみてください。

詳細はこちら・・・
http://www.marubeni-sys.com/device/mti/4mplab1208.pdf
http://www.marubeni-sys.com/device/mti/dspic1208.pdf

★今日の後閑さん 『PIC F1ファミリ』

後:F1ファミリの開発がすごい勢いで進んでいるね!

編:確かに 次から次へと新製品が出てきますね!
   先日もマイクロチップ社から新製品の紹介がありました。
   PIC16F15xxで追加製品が出ます。PIC16F1512/3です。

後:そうらしいね~早速調べてみたよ。
「HCVD」とかいう機能が追加された。
   資料によると、10ビットA/Dコンバータが大幅に強化されたね。
   特にタッチパネル用の機能が強化されたようだよ。

  ・変換シーケンスを自動実行する機能の追加
   ・ホールドキャパシタを追加して容量を増やせる
   ・CVD方式のタッチパネル用にプリチャージとアクイジションの
    タイマがハードウェアで追加されて自動実行する
   ・I/Oピンでガードリングを構成できるピンが追加された
   ・二重A/D変換を自動で実行し、2つの結果レジスタに格納する
  
編:なるほど! タッチパネル用のA/D変換が自動化されたという
   ことですね。これでプログラムの負担が減りますね。
   ちなみに、HCVDはHardware Capacitive Voltage Dividerの略です。

後:今回の機能追加はなかなか奥が深いものがあって、基本的には
   自動変換を実行することでプログラム負荷を減らす目的だけど
   それ以外に、2重変換により擬似的な差動変換とすることで
   ノイズの影響を減らしたり、ガードリングでデジタルノイズの
   影響を減少させたりとか、タッチセンサの信頼性向上のための
   多くの方策が盛り込まれているね。
   さらに、ホールドキャパシタを追加できるようにして、大面積
   のタッチパネルでの感度を良くできるようにもした。

編:これは、これまでの経験から盛り込まれた強化内容なんですね。
   タッチセンサへの本気度が伝わるような気がします。
   もうひとつ新製品でPIC16F178xファミリが追加されます。

後:アナログ機能を全部盛り込んだファミリだね。
  
編:12ビットA/Dや8ビットD/Aもあるんですが、PSMCという電源用の
   PWMモジュールも新モジュールです。

後:SMPSの簡易版というやつだね。モータ制御にも使える。
   簡易版とはいうけど、結構高機能だね。16ビット分解能で64MHzの
   専用クロックが供給されるから結構高速なスイッチングができるね。
   電源のトポロジに合わせて数種のPWMの出力方式が設定できるから、
   便利だよ。もちろんデッドバンドやフォルト制御もあるしね。

編:さらにもうひとつ新製品で、PIC16F145xファミリが出てきます。

後:そうそう、PIC16ファミリで初のUSBモジュールを内蔵したやつだね。

編:これは14ピンと20ピンという超小型ですから、これまでとは
   異なるアプリでの使い方が期待されています。

後:確かに小さいね! メモリサイズも小さいだろうから、変換器のような
   ちょっとUSBでつなぎたいというような使い方に便利だろうね。
   USBといえば、最近マイクロチップ社が、USBハイスピードや
   USB3.0のデバイスを開発販売している会社を買収したという話があるから、
   そのうち、これらの対応製品も出てくるかも知れないね。

編:いよいよ USBも本格対応ということになるんですかね。

後:マイクロチップ社の成長も留まることがないね。
   また楽しみが増えたよ。

電子工作の実験室・・・
http://www.picfun.com/

★編集後記
もうすでにHPで公開されましたが、今度はSMSCという会社を
Microchipが買収しました。(SMSCジャパンHP http://www.smsc.jp/
SMSC社は国内でも多くのお客様にご愛用いただいており、その製品には
車載アプリケーション用I/F、ワイヤレスオーディオ用プラットフォーム、
低電力消費のUSBソリューション、セキュリティやネットワークなど幅広く
提供しております。めまぐるしく製品ラインナップの増えていくMicrochip
ですが、ぜひとも今後も期待していてください!(編集者:Y)

======================================
◆情報発信・お問合せ先
〒150-0002東京都渋谷区渋谷3-12-18
丸紅情報システムズ株式会社
製造ソリューション事業本部 デバイスソリューション部
TEL : 03-5778-8661 FAX : 03-5778-8669
======================================



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━