丸紅情報システムズが産業用X線CTのテスコを買収

ニュース
2007年10月02日
丸紅情報システムズ株式会社

丸紅情報システムズ株式会社(本社:渋谷区渋谷3-12-18 社長 吉光 澄 旧丸紅ソリューション)は、2007年10月1日より、産業用X線CT装置など非破壊検査機器の商社、テスコ株式会社(本社:品川区南大井6-16-4 社長 村越厚志氏 以下テスコ)の全株式を取得し子会社化したことを発表します。テスコは、エレクトロニクスの専門商社であるセキテクノトロン株式会社(JASDAQ7457本社 江東区木場5-6-30 社長 関 信氏 以下セキテクノトロン)が100%株式を保有する子会社でした。
丸紅情報システムズは現在、自動車・家電などの製造業における計測・検査向けに、独ゴム(GOM)社製非接触形状計測システム「エイトス(ATOS)」を販売しています。エイトスは、非接触測定方式カメラの市場においてトップシェアです。今後、検査システム分野の事業領域を拡大するため、優れた産業用X線CT製品をもつテスコの買収を、セキテクノトロンに打診していました。
一方 セキテクノトロンは産業用および研究開発用エレクトロニクス分野主要マーケットである専門商社で、テスコの事業分野が主に非破壊検査であることから、選択と集中により本業に注力したいという意向で、丸紅情報システムズの買収提案を了承しました。

X線CT製品
産業用X線CTは製品を破壊せず内部データを正確に計測し、主に部品の隠れた傷を探す方法として使われていました。近年産業用X線CTは、外から見えない内部形状を測定できることから、部品等の内部形状を測定する用途で注目を集めています。自動車のエンジンブロックをはじめ、多くの業種で製品を物理的に破壊せず測定したいというニーズは高く、今後の成長が期待されています。

非破壊検査・計測
検査・計測対象物の形状や欠陥などを、物理的に破壊することなく検出する検査方法です。エイトスは、2個のCCDカメラを使用し測定対象物の座標を検出、精巧な形状データを測定する非破壊測定装置です。X線CTは、放射線を利用して、物理的に破壊することなく検査対象物の内部画像を検出する技術や機器のことです。

【丸紅情報システムズについて】
優れた目利き力で最先端システムを提案してきた「丸紅ソリューション」と、お客様視点でシステムのライフサイクル全般をサポートしてきた「丸紅情報システムズ」の2社が、2007年10月1日に統合し、新生「丸紅情報システムズ」が誕生しました。製造・流通・サービス業を中心とする様々な業界へ、最先端ITを駆使した付加価値の高いソリューションやサービスを提供します。
【テスコについて】
テスコは、非破壊試験(NDT)の各手法のトレーニングを主体に関連の技術開発、コンサルティング等非破壊試験のソフトウェア全般のご要求にお応えするべく1975年に設立された技術提供会社です。設立以来、非破壊試験のスペシャリストとして広く国内外に多くの実績を重ねてきました。テスコは、常にユニークでインターナショナルな技術の提供をめざしています。
【セキテクノトロンについて】
セキテクノトロン株式会社は1948年の創業以来、一貫してエレクトロニクス製品の輸入販売を主力事業としてきたエレクトロニクスの専門商社です。電子部品/計測器、理化学機器、半導体製造装置を事業分野とし、米国カリフォルニア州シリコンバレーをはじめとして、アジアの拠点(シンガポール、中国)を加えてグローバルな事業を展開しております。世界の優秀なメーカに、近年では自社開発製品を加えて、最先端の技術と最適なソリューションをお客様に提供いたしております。
<お問い合わせ先>
丸紅情報システムズ株式会社
URL: http://www.marubeni-sys.com
〒150-0002東京都渋谷区渋谷3-12-18 渋谷南東急ビル
広報室(プレス関係者窓口) 電話:03-5778-8885 ファックス:03-5778-8999
<テスコに関するお問い合わせ>
丸紅情報システムズ株式会社 デジタルエンジニアリング事業部
電話:03-5778- 8565

*文中の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。
*ニュースリリース記載の情報は発表日現在の情報です。記載の情報は予告なく変更される可能性がございます。