WEB対応入力システム「i-ENT」の販売開始 重要情報を扱う事務処理のテレワークが実現

ニュース
2008年01月24日
丸紅情報システムズ株式会社

丸紅情報システムズ株式会社(本社:渋谷区渋谷3-12-18 社長:吉光 澄)は、業務システム用WEB対応入力システム「アイエント(i-ENT)」を開発し、2008年2月1日より販売開始します。

「アイエント(i-ENT)」は、故意や過失にかかわらず情報入力業務従事者による情報漏えいを防止する機能、業務の進捗状況を一括で管理する機能などを搭載した先進の業務システム用入力環境を、簡単かつ低コストに構築できるソフトウェアです。受発注、仕入れ処理といった業務システムの入力事務端末として活用し、情報漏えい防止対策が難しいテレワークや人材の入れ替わりが多い職場でも、重要な情報を安全に入力できる環境を実現します。

iENT図

アイエントは業務システムと情報入力端末の間に設置します。情報入力者はPCのWEBブラウザを使いアイエントがインストールされたサーバにアクセスするだけで、入力画面を利用することが可能になります。入力画面はアイエントに標準搭載されているGUIで簡単に作成可能です。

◆アイエントの特長
・入力者の手元に原票やデータを残さない入力情報配信機能で情報漏えい防止。
伝票の原紙をスキャナで取り込み、自動で入力端末PCのブラウザにイメージを表示する入力情報配信機能搭載。入力者の手元に入力情報の原紙がなくても入力業務が行えます。入力者の手元やPCに入力情報が残らないため情報漏えい防止にもなります。

・情報の盗用価値を無くす入力情報細分化振り分け機能。
スキャナで取り込んだ情報を予め設定した項目毎に細分化し複数の入力者に自動で振り分け配信する機能を搭載。例えば、入力者AにはTYPE1とTYPE2とTYPE3の用紙に記載された住所のみ、入力者Bには電話番号のみ、入力者Cは苗字のみ配信し個別に入力させることで、個人情報としての利用価値を入力者の環境では無くします。

iENT図

・開発不要のパッケージソフト。
WEB対応、情報漏えい防止、業務の進捗一括管理をパッケージ化。入力画面もGUIで誰でも簡単に作成可能で、専用のアプリケーションを開発することなく次世代の入力システムが簡単に構築できます。

・検印工数を減らす二重入力チェック機能
複数の入力者に同じ項目を入力させ、入力内容の差異をチェックすることで誤入力を検知。誤入力があった場合は修正入力を自動で促します。目視による精査に比べ検知精度が高いため少ない人員で正確な入力処理が可能になります。

・情報入力を補助する豊富なマスター機能搭載
郵便番号を入力すると自動で住所を入力表示するといった、入力補助機能(マスター機能)を豊富に搭載。入力工数を軽減します。

・グループ単位の業務に振り分けが可能。
入力者をスキルや属性でグループ化。グループ単位で入力業務を振り分けることが簡単に行えます。

アイエントのサーバソフトは標準価格\4,000,000.-(税抜き)。クライアントライセンス料金は1年の同時利用権利が1クライアントあたり\36,000.-から。クライアントライセンスは月額単位でも購入可能で、時期により利用人数が増減するような業務でも効率のよい投資で利用できます。丸紅情報システムズ株式会社では、企業向け情報システムの開発会社を通じた販売を中心に、販売開始から1年間で5億円の販売を計画しています。

丸紅情報システムは情報入力業務請負企業向け入力専用システム「エントレックス(ENTREX)」を1973年より開発・販売しており、累計2,000システム以上を販売しました。アイエントは、エントレックスの開発・販売経験を基に、一般企業の企業情報システム向けの入力専用システムとして開発しました。

【丸紅情報システムズについて】
優れた目利き力で最先端システムを提案してきた「丸紅ソリューション」と、お客様視点でシステムのライフサイクル全般をサポートしてきた「丸紅情報システムズ」の2社が、2007年10月1日に統合し、新生「丸紅情報システムズ」が誕生しました。
製造・流通・サービス業を中心とする様々な業界へ、最先端ITを駆使した付加価値の高いソリューションやサービスを提供します。
<お問い合わせ先>
丸紅情報システムズ株式会社
URL: http://www.marubeni-sys.com/
〒150-0002東京都渋谷区渋谷3-12-18 渋谷南東急ビル
経営企画部広報課(プレス関係者窓口) 電話:03-5778-8885 ファックス:03-5778-8998
<製品に関するお問い合わせ>
丸紅情報システムズ株式会社
ビジネスソリューション事業部 データソリューション部
電話:03-5778-8811

*文中の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。
*ニュースリリース記載の情報は発表日現在の情報です。記載の情報は予告なく変更される可能性がございます。