sFlow対応中小規模向け高速ネットワーク監視ソフト販売開始 InMon社ギガビットネットワーク監視ソフトに低価格版登場

ニュース
2008年01月31日
丸紅情報システムズ株式会社

丸紅情報システムズ株式会社(本社:渋谷区渋谷3-12-18 社長:吉光 澄)は、米インモン社(InMon Corp. 社長:ピーター・パール(Peter Phaal)氏 所在地:カリフォルニア州サンフランシスコ 設立1996年)が開発したsFlow*1対応中小規模向け高速ネットワーク監視ソフト“sFlowTrend-Pro(エスフロートレンドプロ、以下sFlowTrend-Pro)”の販売を本日より開始いたします。

sFlowTrend-Proはトラフィック情報生成技術“sFlow”を利用し、ギガビット単位の転送速度で流れるネットワークの通信状況をリアルタイムに監視するソフトウェアです。sFlowに対応したスイッチやルータなどのネットワーク機器の監視が同時に10台程度まで行えます。“誰”と“誰”が“どのようなプロトコルで通信をしているのか”を簡単に把握することが可能になり、障害発生時の迅速な原因特定や対策立案に貢献します。“sFlow”はインモン社が開発し、国際標準化団体 IETFを通じて無償公開した技術で多数のネットワーク機器メーカーに採用されています。
sFlowTrend-Proは、大規模ネットワーク向け高速ギガビットネットワーク監視ソフト“インモン・トライフィック・センチネル(InMon Traffic Sentinel)”の機能と操作性をシンプルにすると共に低価格化を図った新商品です。中小規模の高速ネットワークを監視したい企業への普及をめざします。
昨今、1ギガビットや10ギガビットの高速ネットワークを社内ネットワークに採用する企業が増えています。しかし高速ネットワークに対応する従来の監視ツールは、中小規模のネットワークを監視するには導入費用や運用の面で非効率であり、十分な費用対効果が得られない懸念がありました。sFlowTrend-Proは中小規模のネットワーク監視に必要とされる機能に絞り低価格化を図ったこと、また日本語に対応したシンプルな操作性で専門の運用担当者がいなくても利用を可能にしたことで優れた費用対効果を提供します。

sFlowTrend-Proの標準価格は95万円。
丸紅情報システムズ株式会社では、一般企業、官公庁、教育機関を中心に発売開始から一年間で100セットの販売を目標にしています。

<sFlowTrend-Proの特長>
1.重要な情報を一画面で把握できる日本語対応ダッシュボード機能を搭載。
以下の情報が一画面で確認可能です。
・帯域使用率通信別ランキング表示
・秒間フレーム送受信量通信別ランキング表示
・パケットエラー、パケット破棄の通信別ランキング表示
・設定した“しきい値”に対するリアルタイムかつグラフィカルな状況比較表示
InMonダッシュボード画面

ダッシュボード機能画面

2.SNMPカウンターやフロー情報の表示と管理

選択したインターフェースの帯域使用率、通信状況、通信プロトコルやポート種別を一分間隔で表示。 “誰”が“誰”と“どのようなプロトコルで通信”をしているのかを把握することが可能で、障害発生時の原因特定に役立ちます。
InMon トラフィックフロー情報画面

トラフィックフローの監視画面

InMon SNMPカウンター情報画面

SNMPカウンターの監視画面

3.ワイヤレストラフィック情報の表示
SSID毎や通信規格毎のトラフィック表示が可能で、無線LANの設計・構築にも利用できます。

インモン社では、本日より発売開始する“sFlowTrend-Pro”、 大規模向け高速ギガビットネットワーク監視ソフトウェア“InMon Traffic Sentinel”の他に、sFlowを利用したネットワーク監視の評価・検証用として、 小規模向け高速ギガビットネットワーク監視ソフト“エスフロートレンド(sFlowTrend)”を無償で提供しています。

<インモン社 商品ラインナップ>

sFlowTrend sFlowTrend-Pro InMon Traffic Sentinel
監視対象SW数 1 10台程度 制限なし
データ保持期間 1時間 1週間程度 制限なし
データソース sFlow sFlow Flow, NetFlow, J-Flow, IPFIX, XRMON,SNMP
各種条件での
絞り込み
可能(限定的) 可能 可能
システム構成 単体アプリケーション 単体アプリケーション クライアント/サーバ型
L2-L7のデコード L2, TCP/IP L2, TCP/IP L2, TCP/IP, IPX, AppleTalk, STP, ARP, RTP, AS 等
ダッシュボード 固定された表示項目
(スイッチとインターフェースの概略表示)
固定された表示項目
(スイッチとインターフェースの概略表示)
ログインユーザー毎で表示項目のカスタマイズが可能
レポート出力機能 無し 無し 有り
図表の種類 TopNチャート
カウンターチャート
TopNチャート
カウンターチャート
TopNチャート、カウンターチャート
円グラフ、マップ表示、パス表示
価格 無償 \950,000.- \2,500,000.-
別途初年度保守料必須
【イベント情報】
丸紅情報システムズは、2008年2月27日に丸紅情報システムズ本社にて、sFlowTrend-Proの説明セミナーを開催します。
[開催日時]  2008年2月27日(水) 15:00から17:00まで
[会  場]  丸紅情報システムズ株式会社 本社(渋谷)
※1【sFlowについて】
InMon社が開発したsFlowは、監視対象データを特定の割合で間引いて取得し、統計学的手法によりトラフィック情報を生成する技術です。2001年9月よりネットワーク機器ベンダ向けに、IETF RFC3176として仕様が無償で公開されています。
* IETF:Internet Engineering Task Force インターネットに関する技術の国際標準化団体
* RFC:Request For Comment インターネットに関する技術の標準を定める団体であるIETFが正式に発行する文書
現在、sFlowは、ファウンドリ・ネットワークス、HP(ヒューレット・パッカード)、エクストリーム・ネットワークス、アラクサラネットワークス、アルカテル、Force10、日立、NEC、アライドテレシスなど、多くのメーカーのネットワーク機器に採用されています。
【InMon社について】
InMon社(InMon Corp. 社長:ピーター・パール(Peter Phaal)氏 所在地:カリフォルニア州サンフランシスコ市、設立:1996年)は、スイッチおよびルータで構成されるハイスピード・ネットワークのトラフィック・モニタリング・ソリューションを提供するリーディング・サプライヤーです。ミッションクリティカルなアプリケーションやサービスを管理し、必要な情報を提供するツールでネットワークの問題を解決します。世界中の顧客には、医療、教育、サービスプロバイダー、法人と多岐に渡ります。sFlowの開発元として、トラフィックマネジメント効率化のため、業界を代表するスイッチベンダーと深く協調しています。詳細についてはhttp://www.inmon.com/を参照ください。
【丸紅情報システムズについて】
優れた目利き力で最先端システムを提案してきた「丸紅ソリューション」と、お客様視点でシステムのライフサイクル全般をサポートしてきた「丸紅情報システムズ」の2社が、2007年10月1日に統合し、新生「丸紅情報システムズ」が誕生しました。
製造・流通・サービス業を中心とする様々な業界へ、最先端ITを駆使した付加価値の高いソリューションやサービスを提供します。
<お問い合わせ先>
丸紅情報システムズ株式会社
URL: http://www.marubeni-sys.com/
〒150-0002東京都渋谷区渋谷3-12-18 渋谷南東急ビル
経営企画部広報課(プレス関係者窓口) 電話:03-5778-8885 ファックス:03-5778-8998
<製品に関するお問い合わせ>
丸紅情報システムズ株式会社
ITソリューション事業部 営業開発室
電話:03-5778-8712

*文中の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。
*ニュースリリース記載の情報は発表日現在の情報です。記載の情報は予告なく変更される可能性がございます。