製品生産・出荷時の隙間・段差・トルク量等の検査データを管理、トレーサビリティを向上 製品検査情報統合管理ソフトウェアを販売開始

ニュース
2009年04月27日
丸紅情報システムズ株式会社

丸紅情報システムズ株式会社(東京都渋谷区渋谷3-12-18 社長:小川 和夫)は、米エーエスアイ・データマイテ(ASI DataMyteInc. 米国ミネソタ州プリマス、社長:フランク・フォイクト氏/Mr Frank H. Voigt,President)社製の製品検査情報を管理するソフトウェア「データメトリックス(Data Metrics)」の販売を2009年4月27日より開始します。
データメトリックスは、製造業の生産現場で使用し、各工程で行う品質検査結果を一元管理するソフトウェアです。製品を出荷する直前の最終検査において、各工程別の検査結果履歴をまとめて参照できます。製品品質を維持するための、出荷合否判定レポートを簡単に作成することが可能です。各種検査機器で測定した、製品が出荷されるまでの品質検査情報を統合し、一元管理することで実現しました。検査対象となる各製品の画像データに、注釈、寸法表示、公差情報等を入力、帳票化し、製品計画、開発、生産などの各工程における品質検査情報をデータベース化することができます。また、既存で使用しているERP(Enterprise Resource Planning)等のデータベースと連携させ、製品出荷までのトレーサビリティ情報の管理を強化することができます。本ソフトウェアは、ウィンドウズ(Windows®)のOSで稼動します。

【データメトリックスによる品質管理体制図(例)】
データメトリックスによる品質管理体制図(例)

製造業界において、多品種小ロットの生産が増えている現在、製品を出荷するまでに検査する内容は多項目に渡ります。また、各検査項目は企業の部門ごとに多種の計測機器やソフトウェアを別々に用いて検査されていることがあります。データメトリックスを使用することで、品質検査情報を統合的に管理し、製造検査におけるコストの削減、品質管理体制の強化、効率化が可能です。
製品開発から製造までのプロセスの中で、APQP(Advanced Part Quality Planning:新製品開発計画)と連動した品質管理計画(コントロールプラン)の策定、各種測定機器にて計測されたCMM検査データの管理・検査レポートの作成、FMEA(故障モード影響解析)やSPC(統計管理情報)のデータベース構築に役立ちます。

丸紅情報システムズは、エーエスアイ・データマイテ社の国内総販売代理店です。当社では、トレーサビリティの需要が高い自動車業界、航空機業界、電子業界、医療機器業界、食品業界などの生産管理・品質検査部門向けに、データメトリックスと、すでに販売を開始しているエーエスアイ・データマイテ社製トルク量計測装置「ライトスター(Light Star)」、隙間・段差計測装置「レーザーゲージ(Laser Gauge)」を合わせて、生産品質管理ソリューションを提供いたします。上記3製品全体で、販売開始より1年間で約5,000万円の売上をめざします。

各製品の機能と販売価格は以下の通りです。

【検査情報管理ソフトウェア データメトリックス(Data Metrics)】
製造業において、多品種小ロットの生産が増えている現在、ある一つの製品をとってみても、製品を出荷するまでに検査される内容は多項目に渡ります。各検査項目は多種の計測機器やソフトウェアを用いて検査されています。

データメトリックスは、各種測定機器の帳票フォーマットを統一し、統合的に管理し、品質管理の全工程における検査情報を一元的に管理することができます。
検査対象の製品の画像データに対して、注釈や寸法表示の記入、および公差情報を入力することで、製品の最終出荷前検査での合否判定のためのレポートを簡単に作成することが可能です。
製品開発から製造までのプロセスの中で、APQP(Advanced Part Quality Planning:新製品開発計画)と連動した、品質管理計画(コントロールプラン)の策定、各種測定機器にて計測されたCMM検査データの管理・検査レポートの作成、FMEA(故障モード影響解析)やSPC(統計管理情報)をデータベース化し、品質管理にかかる時間とコストを削減します。

◆標準価格 : 120万円(税抜き)~

【トルク量計測装置 ライトスター(Light Star)】
製品の部品がきちんと組み付けられているかどうかを検査し、管理することは、製品出荷後のリコールの発生を未然に防ぐための重要な検査工程の一つです。ライトスターは部品の組み付けをするオペレータが、どの程度の力加減でボルトを締め付けたのかをセンサーにて検知します。
LEDランプを搭載した専用のトルクレンチは、ランプでの告知機能により、オーバーシュート(締めすぎ)やアンダーシュート(緩みすぎ)の確認をオペレータに告知し、オペレータがどの程度の力で、トルクを締め付けたのかを、レポートとして統合的に管理することが可能です。
部品組み付けにかかわる検査情報をソフトウェア上で一元管理することで、品質管理体制をより一層確かなものとします。
トルクレンチに搭載されているセンサーは、あらかじめトルク量の設定を行うことが可能です。予めセンサーに、締付けるべきトルク量の値(Nm)を入力しておくことで、適度な組付け情報をオペレータ-に提供します。
ライトスターにて計測されたデータは独自のソフトウェアを介してアウトプットされ、エクセルシートへのアウトプットやデータメトリックスへの取り込みが可能となります。
◆ 標準販売価格 : 35万円(税抜き)~
【すき間・段差計測装置 レーザーゲージ(Laser Gauge)】
製品出荷の際に、内外装の状態が均一に見栄えよく建て付けられているのかどうかをチェックするには、設計の意図を反映して段差やすき間の距離が一定であるかを確認する重要な検査項目の一つです。
レーザーゲージは、非接触光学レーザーを用いて、車両部品間の段差やすき間などの距離、溶接部位の段差やタービンエッジ、ギア先端の刃先や外傷の計測検査を行うことが可能です。
主に自動車、航空機、家電製品などの最終製品の出荷前に、製品建て付け状態を検査し、デジタルデータを用いてソフトウェアにて一元管理することで、製品品質を効率的に管理することが可能です。

◆ 標準販売価格 : 350万円(税抜き)~

【エーエスアイ・データマイテ社について】
エーエスアイ・データマイテ社は製造業向けの市場において、トータルに品質管理ソリューションを提供する世界的なリーダー企業です。ASIの提供するソリューションは自動車・航空・電子・医療機器・食品等幅広いさまざまな業種で品質向上するためのツールとして活用されています。ASI は品質向上のため品質管理計画及びドキュメント製作用ソフトウェア及びポータブルなデータコレクター等を含めた工場内で検査するシステムを提供します。エーエスアイ・データマイテ本社は、北米ミネソタ州プリマスです。ベルギー、ブラジル、カナダ、ドイツ、イタリア、シンガポール、中国、英国に拠点があります。
エーエスアイ・データマイテ社の詳細については、以下のホームページをご覧ください。
http://www.asidatamyte.com
【丸紅情報システムズについて】
丸紅情報システムズは、最先端ITを駆使した付加価値の高いソリューションやサービスを、お客様視点で提供するソリューションプロバイダです。製造・流通・サービス業を中心とする様々な業界の知見と高度な提案力、コンサルティングからシステム設計・構築、運用・保守サービスまでをワンストップで提供する総合力、そして、グローバルな視点からお客様の差別化に貢献する最先端技術が私たちの強みです。エンタープライズソリューション、製造ソリューション、プラットフォーム&ネットワーク、データセンターを軸とするビジネスサービスの4つの事業展開でお客様のビジネスを支援します。
【お問い合わせ先】
丸紅情報システムズ株式会社
URL http://www.marubeni-sys.com
住所 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-12-18 渋谷南東急ビル
プレス関係者窓口 (広報課連絡先)
経営企画部 広報課
電話:03-5778-8885 /ファックス:03-5778-8999
Eメール :koho@marubeni-sys.com
【製品に関するお問い合わせ】(担当営業部門連絡先)

丸紅情報システムズ株式会社
製造ソリューション事業本部 計測解析ソリューション部
電話:03-5778-8571
Eメール :asi_info@marubeni-sys.com
製品WEBサイト
URL:http://www.marubeni-sys.com/de/asi/

*文中の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。
*ニュースリリース記載の情報は発表日現在の情報です。記載の情報は予告なく変更される可能性がございます。