MEMS(*1)設計とIC(*2)回路設計の統合された設計環境を実現 丸紅情報システムズが、米コベンター社の新製品を国内で販売開始

ニュース
2009年09月17日
丸紅情報システムズ株式会社

丸紅情報システムズ株式会社(略称:エムシス/MSYS、本社:渋谷区渋谷3-12-18、社長 小川 和夫)は、MEMS(微小電子機械システム)開発用ソフトウエア専業メーカーの米コベンター社(Coventor, Inc. 本社:米国ノースカロライナ州、社長 Mr. MichaelJ. Jamiolkowski、1995年設立)が開発した、設計・解析ソフトウエア「メムス・プラス(MEMS+)」の販売を2009年9月下旬から開始します。
メムス・プラスは、MEMSとIC回路を融合した電子デバイスの開発において、設計・解析環境を統合します。MEMSデバイスの設計・解析機能に加え、IC回路の解析、検証ツールとのインターフェースを持ち、設計環境を連携させることが可能です。MEMSの設計データをIC回路設計環境へ変換、移行するために、発生する追加作業を削減できるので、融合デバイスの開発期間を短縮、早期の製品化を実現します。
今回の新製品では、電子設計技術大手の米ケイデンス・デザイン・システムズ社(Cadence Design Systems, Inc. 以下、ケイデンス社)製の回路設計自動化ソフトウエア(EDA)に対応します。今後、他のEDAツールに順次対応していく予定です。

現在、MEMSとICを同じ半導体上に集積化する電子デバイスの開発では、MEMS設計者とIC回路設計者がそれぞれのソフトウエア環境で設計し、設計環境が統合されていません。回路を一体化させるため、各設計者間のコミュニケーションに多大な時間や労力を要しており、設計のやり直し(イタレーション)が多く発生しています。機構物であるMEMSは3次元構造であり、通常は3次元CADソフトで設計します。現在は、MEMSの3次元設計データを変換し、IC回路設計環境の回路シミュレータや検証ツールへ移行するためのインターフェースがなく、パラメータ変換や等価回路作成などの作業が必要です。また、IC回路設計者側からの要請で、MEMSの設計変更が必要な場合も、同様の作業が発生します。このような状況下で、融合デバイスの設計作業に、数ヶ月を要することもあります。

コベンター社は、ケイデンス社と協力し、MEMSとIC回路を統合した設計・解析環境の提供をめざし、メムス・プラスを開発しました。メムス・プラスは、すでに丸紅情報システムズが国内で販売しているコベンター社のMEMS設計・解析ソフトウエア「コベンターウエア(CoventorWare)(*3)」と、ケイデンス社のEDA環境との間で相互利用できるMEMSの3次元ビヘイビアモデル(*4)を活用します。メムス・プラスは、回路シミュレータで必要となる全ての寸法・位置情報とプロセスパラメータを自動的にデータ移行し、回路シミュレータ内でMEMSモデルをパラメトリック(*5)に扱い、解析、検証に利用が可能です。また、EDA環境で検証した結果は、回路シミュレータによる波形表示だけではなく、MEMSモデルの挙動をメムス・プラスで3次元表示することができます。

丸紅情報システムズでは、MEMSの3次元設計・解析データを、既存のCMOS(*6)集積回路の設計環境に自動的に移行するなど、集積化MEMSの需要に向けメムス・プラスを拡販します。メムス・プラスの販売価格(予定)は、700万円(税抜き)より。丸紅情報システムズは、初年度1年間で約1億円の販売を計画しています。 丸紅情報システムズは、コベンター社の国内総販売代理店です。

【コベンター社について】
コベンター社は1995年に設立され、マサチューセッツ工科大学(米国ボストン)との共同でマイクロマシンの解析シミュレーションを開発し、世界に先駆けてマイクロマシン解析ソフトウエアを商品化しました。すでに販売している主要製品「コベンターウエア(CoventorWare)」は、全世界のMEMSの主要メーカーを含む多くの企業・研究機関、大学・教育機関で使用されています。
【丸紅情報システムズについて】
丸紅情報システムズは、最先端ITを駆使した付加価値の高いソリューションやサービスを、お客様視点で提供するソリューションプロバイダです。製造・流通・サービス・小売・金融業を中心とする様々な業界の知見と高度な提案力、コンサルティングからシステム設計・構築、運用・保守サービスまでをワンストップで提供する総合力、そして、グローバルな視点からお客様の差別化に貢献する最先端技術が私たちの強みです。エンタープライズソリューション、製造ソリューション、プラットフォーム&ネットワーク、データセンターを軸とするビジネスサービスの4つの事業展開でお客様のビジネスを支援します。
<お問い合わせ先>
丸紅情報システムズ株式会社
URL: http://www.marubeni-sys.com
〒150-0002東京都渋谷区渋谷3-12-18 渋谷南東急ビル
広報室(プレス関係者窓口)電話:03-5778-8885 ファックス:03-5778-8999
<製品に関するお問い合わせ>
丸紅情報システムズ株式会社
製造ソリューション事業本部 計測解析ソリューション部 MEMS課
電話:03-5778-8580

*文中の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。
*ニュースリリース記載の情報は発表日現在の情報です。記載の情報は予告なく変更される可能性がございます。