独ハイエンドCAD/CAMソフトウェアの新版 販売開始 オートミル・テクノロジにより、NCプログラムの自動作成機能を強化

ニュース
2011年05月19日
丸紅情報システムズ株式会社

丸紅情報システムズ株式会社(エムシス/MSYS、本社:渋谷区渋谷3-12-18、社長 小川 和夫)は、製造業向けソフトウェアメーカーの独テビス社(Tebis AG/ Tebis Technische Informationssysteme AG, ミュンヘン、社長:リンドフィレンシェ/Mr. Rindfleisch、1985年設立)が開発したハイエンドCAD/CAMソフトウェアの新版「テビス キャド プラス キャム バージョン3.5(Tebis CAD+CAM version 3.5)」を、2011年7月1日に発売します。

「Tebis CAD+CAM(テビス キャド プラス キャム)」は、機械の設計・製造業務において設計を行うCAD(コンピュータによる設計)と、NCプログラム*1と呼ばれる工作機械の制御プログラムを作成するCAMで構成されたソフトウェアです。高速な演算処理が特長で、自動車のドアパネルのような大型形状を鏡面仕上げに近い精細さで加工する高度なNCプログラムも短時間に作成できます。

Tebisジョブマネージャ

この度、発売する「Tebis CAD+CAM バージョン3.5」で追加する主な機能の特長は、テビス社が独自に開発したTebis Automill® Technology(テビス オートミル テクノロジ/以下オートミル テクノロジ)により企業固有の製造ノウハウを踏襲したNCプログラムが誰でも簡単に作成できるようになることです。ユーザ企業ごとに異なる、工作機械や切削工具の仕様などの製造環境情報、加工方法や工程等の製造情報をデータベース化し、NCプログラムへ適用することで、業務に精通していない技術者でも最適なプログラムを簡単に作成することが可能になります。

オートミル テクノロジはNCプログラム作成の自動化を支援する技術です。NCプログラムとその加工するために必要な情報をジョブと呼び、ジョブ・マネージャというジョブの登録や変更、ジョブの実行順序を統合管理するツールにより、穴空けなど構造部加工から、大粗加工、仕上げ加工まで加工全体をプログラム化します。オートミル テクノロジは、加工領域をCADデータの色や名称やレイヤで指定できます。指定された加工領域に対し体系化された加工方法が適用され、自動でその加工方法に最適な工具や切削順序にNCプログラムを変更します。類似形状の加工であれば、形状データの加工領域を同じ色やレイヤ指定することにより、全体の加工ジョブを一括で自動適用することを可能にします。オートミル テクノロジのデータベースをユーザ間で共有することができます。業務経験の浅い技術者や過去の製造方法を知らない技術者でも、データベースに登録されたジョブを利用すれば企業独自の製造ノウハウに基づいたNCプログラムが容易に作成できます。ユーザ毎にデータベースのアクセスを制御することが可能で、意図しないユーザに製造ノウハウである製造環境情報や製造情報等が流出することもありません。

「Tebis CAD+CAM バージョン3.5」ではこのほか、ユーザインターフェースに改善による操作性の向上、ハードウェアの消費メモリの低減などが図られています。

Tebis CAD+CAM バージョン3.5の販売価格は、2.5軸CAM機能の3年間使用ライセンスが294万円(税抜き)から。
保守契約を締結している既存のTebis CAD+CAMのユーザは、無償でバージョンアップすることが可能です。

MSYSでは、発売開始から1年間で4億円の販売を計画しています。

MSYSは日本唯一のテビス販売代理店として2001年11月よりTebis CAD+CAMを販売しています。

「人とくるまのテクノロジー展2011(主催:公益社団法人自動車技術会 / 開催場所:パシフィコ横浜 / 開催期間:2011年5月18日~20日 / http://expo.jsae.or.jp/)」、および「第22回 設計・製造ソリューション展(主催:リード エグジビション ジャパン株式会社 / 開催場所:東京ビッグサイト / 開催期間:2011年6月22日~24日/http://www.dms-tokyo.jp/) 」に、「Tebis CAD+CAM バージョン3.5」を展示します。

【テビス社について】
テビスは、金型製造向けのCAD/CAMシステムを開発するソフトウェア会社で、製造プロセスチェインの全てにおいて優れたCAD/CAMソリューションを提供。ハイエンドCAD/CAMソフトウェア「テビス キャド プラス キャム」は、個人のエンジニアから数百のライセンスを持つ世界規模の自動車メーカーにいたるまで、幅広い産業で使用されており、これまでワールドワイドの1800以上のサイトに、7000システム以上を導入しました。
【丸紅情報システムズについて】
丸紅情報システムズは、最先端ITを駆使した付加価値の高いソリューションやサービスを、お客様視点で提供するソリューションプロバイダです。製造・流通・サービス・小売・金融業を中心とする様々な業界の知見と高度な提案力、コンサルティングからシステム設計・構築、運用・保守サービスまでをワンストップで提供する総合力、そして、グローバルな視点からお客様の差別化に貢献する最先端技術が私たちの強みです。エンタープライズソリューション、製造ソリューション、プラットフォーム&ネットワーク、データセンターを軸とするビジネスサービスの4つの事業展開でお客様のビジネスを支援します。
<お問い合わせ先>
丸紅情報システムズ株式会社
URL: http://www.marubeni-sys.com
〒150-0002東京都渋谷区渋谷3-12-18 渋谷南東急ビル
広報室(プレス関係者窓口)電話:03-5778-8885 ファックス:03-5778-8999
<製品に関するお問い合わせ>
丸紅情報システムズ株式会社
製造ソリューション事業本部 計測製造ソリューション部
電話:03-5778-8591

*文中の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。
*ニュースリリース記載の情報は発表日現在の情報です。記載の情報は予告なく変更される可能性がございます。