世界最大手3Dプリンターメーカーの新製品 三次元造形装置の小型モデル“FORTUS 250mc”販売開始 金型レスで樹脂部品の小ロット生産が手軽に

ニュース
2011年10月05日
丸紅情報システムズ株式会社

丸紅情報システムズ株式会社(略称:エムシス/MSYS、本社:渋谷区渋谷3-12-18、社長 小川和夫)は、世界最大手3Dプリンターメーカーの米ストラタシス社(Stratasys Inc. ミネソタ州ミネアポリス、米国株式市場NASDAQ SSYS、社長:スコット・クランプ氏/Mr. Scott Crump)の新製品で、小型で低価格な三次元造形装置「FORTUS 250mc(フォータス250エムシー)」の販売を10月5日に開始します。

FORTUS 250mc

FORTUS 250mcは、CADで作成された造形用データ(STLフォーマット)をもとに、熱で溶かしたABS樹脂を積層することで立体モデルを造形する装置です。工場などで使われる製造用途向け三次元造形装置「FORTUSシリーズ」のエントリーモデルです。ストラタシス社には、三次元造形装置「FORTUSシリーズ」のほか、デスクトップ3Dプリンター「Dimension(ディメンジョン)シリーズ」とデスクトップ3Dプリンターの廉価版シリーズ「uPrint(ユープリント)シリーズ」があり、FORTUS 250mcはDimensionシリーズのハイエンドモデル「Dimension SST 1200es(ディメンジョン エスエスティ 1200イーエス)」とFORTUSシリーズのローエンドモデル「FORTUS 360mc(フォータス 360エムシー)」の間に位置するモデルです。FORTUS 250mcの最小積層ピッチは0.178mmで、最小積層ピッチ0.254mm のDimension SST 1200esと比べ、より細かい造形を行うことが可能になりました。FORTUSシリーズのみで使用できる設計・編集ソフト「Insight(インサイト)」を搭載し、積層造形経路等の設計・編集も柔軟かつ簡単に行えます。

FORTUS 250mcの最大造形サイズは、幅254mm、奥行き254mm、高さ305mmです。造形する際の積層ピッチは0.178mm、0.254mm、0.33mmから選択が可能です。特別な電気工事を必要としない100ボルト15アンペアの電源で動作します。造形材料の色は、アイボリー、黒、ダークグレー、赤、青、オレンジ、蛍光黄、オリーブグリーン、白の9色を標準で用意。標準以外のオリジナル色にも特注で対応します。筐体サイズは幅737mm、奥行き838mm、高さ1143mmでテーブルの上に置いて利用することができます。造形材料に、家電製品等の量産部品の素材としてよく利用されているABS樹脂を使用しているため、強度や耐候性に高い特性を持つモデルを造ることができます。積層造形経路等の設計が行える造形データの設計・編集ソフト「Insight(インサイト)」を備え、強度を高めたい部分を太く造形したり、精度を得たい部分を細かく丁寧に造形したりすることも可能です。

FORTUS 250mcの標準価格は748万円(税抜き)。
MSYSでは、販売開始から1年間で3億円の売上を目標にしています。

国内外の製造業において、小ロット部品については三次元CADで設計データを作成した後、金型を作らず三次元造形装置で製造するDDM(Direct Digital Manufacturing/ダイレクト デジタル マニュファクチャリング)という手法が注目されています。DDMを活用することで、金型製造にかかるコストの削減や製造リードタイム短縮、保守部品といった需要予測が難しい部品を必要な時に必要な量だけ製造し余剰在庫の発生や保管にかかるコストを抑えるといったことが可能になります。MSYSでは、DDMに関心を持ちながらも設置スペースや初期費用の問題で三次元造形装置の導入を見合わせていた企業を中心にFORTUS 250mcを拡販していきます。

【FORTUS 250mc仕様】
品名 FORTUS 250mc
最大造形サイズ 幅254mm×奥行き254mm×高さ305mm
対応造形樹脂 ABS樹脂(型式:ABS plus-P430)
造形材料色の種類 アイボリー、黒、ダークグレー、赤、青、オレンジ、蛍光黄、オリーブグリーン、白。
(オリジナルカラーの注文も可能)
選択可能積層ピッチ 0.178mm、0.254mm、0.33mm
ネットワーク接続 10/100Base-T
対応サポート樹脂 ソリュブルサポート(型式:SR30)
設計・編集ソフト インサイト(Insight)
機械寸法 幅737mm×奥行き838mm×高さ1143mm
重量 148kg
電源 100V/15A
本体価格 748万円(税抜き)

MSYSでは、2011年10月5日(水)から7日(金)にかけて、インテックス大阪で開催される「第14回 関西 設計・製造ソリューション展(主催:リード エグジビション ジャパン株式会社 http://www.dms-kansai.jp/)」に、FORTUS 250mcを展示します。

FORTUSシリーズの現行機種は以下の通りです。

・FORTUS 360mc 1,400万円から(税抜き)
FORTUS360mc
最大造形サイズ:
幅355mm×深さ254mm×高さ254mm(Sタイプ)
幅406mm×深さ355mm×高さ406mm(Lタイプ)
対応造形樹脂:
ABC-M30、ポリカーボネート、PC-ABS
機械寸法:
幅1281mm×深さ895.4mm×高さ1962mm
重量:
593kg
電源:
230V 三相20A
・FORTUS 400mc 1,900万円から(税抜き)
FORTUS400mc
最大造形サイズ:
幅355mm×深さ254mm×高さ254mm(Sタイプ)
幅406mm×深さ355mm×高さ406mm(Lタイプ)
対応造形樹脂:
ABC-M30、ポリカーボネート、PC-ABS、PPSF、Ultem*9085*
機械寸法:
幅1281mm×深さ895.4mm×高さ1962mm
重量:
593kg
電源:
230V 三相20A
・FORTUS 900mc 9,500万円から(税抜き)
FORTUS900mc
最大造形サイズ:
幅914mm×深さ609mm×高さ914mm
対応造形樹脂:
ABC-M30、ポリカーボネート、PPSF、Ultem*9085*
機械寸法:
幅2772mm×深さ1683mm×高さ2027mm
重量:
2861kg
電源:
230V 三相20A
【ストラタシス社について】
ストラタシス社(ミネソタ州ミネアポリス)は、9年連続で世界設置台数第1位のラピットプロトタイピングメーカー。ワールドワイドで285件を超えるRP関連の特許を所有もしくは申請しています。ストラタシス社の製品は、試作モデルの素材となる ABSなどの樹脂と、モデルの成形を支えるサポート材となる樹脂を、熱で溶解して射出・積層する造形技術(熱溶解積層方式)が大きな特徴です。
【丸紅情報システムズについて】
丸紅情報システムズは、最先端ITを駆使した付加価値の高いソリューションやサービスを、お客様視点で提供するソリューションプロバイダです。製造・流通・サービス・小売・金融業を中心とする様々な業界の知見と高度な提案力、コンサルティングからシステム設計・構築、運用・保守サービスまでをワンストップで提供する総合力、そして、グローバルな視点からお客様の差別化に貢献する最先端技術が私たちの強みです。エンタープライズソリューション、製造ソリューション、プラットフォーム&ネットワーク、データセンターを軸とするビジネスサービスの4つの事業展開でお客様のビジネスを支援します。
<お問い合わせ先>
丸紅情報システムズ株式会社
URL: http://www.marubeni-sys.com
〒150-0002東京都渋谷区渋谷3-12-18 渋谷南東急ビル
広報室(プレス関係者窓口)電話:03-5778-8885 ファックス:03-5778-8999
<製品に関するお問い合わせ>
丸紅情報システムズ株式会社
製造ソリューション事業本部 モデリングソリューション部
電話:03-5778-8583

*文中の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。
*ニュースリリース記載の情報は発表日現在の情報です。記載の情報は予告なく変更される可能性がございます。