製造業向け安全保障貿易管理支援ソフトの販売開始 該非判定、顧客審査、承認ワークフロー管理、ドキュメント管理、輸出許可申請作業等を支援

ニュース
2012年08月23日
丸紅情報システムズ株式会社

丸紅情報システムズ株式会社(略称:エムシス/MSYS、本社:渋谷区渋谷3-12-18、社長:小川 和夫)は、製造業向け輸出管理業務支援ソフトウエア「マンボウ・フォア・マニュファクチャリング (M・ANBOU for Manufacturing)」の販売を2012年8月23日から開始します。
本製品は、商社の輸出管理用に開発し本年2月に発売した、該非判定と顧客審査を行う業務支援ソフトウエア「マンボウ(M・ANBOU)」を、製造業向けに再構築した商品です。製造業においては輸出を予定する製品の該非判定を、開発後任意のタイミングで行うことが必要です。既存商品のマンボウでは、輸出を行うタイミングで該非判定と顧客審査を同時に行う設定になっていました。本製品では該非判定と顧客審査のプロセスをそれぞれ独立させ、任意のタイミングで別々に行うことを可能にしました。実際の取引では、輸出審査時に事前に実施済みの該非判定や顧客審査の結果を取り込むことができます。

 

マンボウ・フォア・マニュファクチャリングは、輸出品目や仕向地・需要者(顧客)が、規制される対象であるかどうかを判断する、該非判定作業を支援します。該非判定作業に必須となる契約書・仕様書等の書類添付と管理機能を標準で搭載しています。さらに、ワークフローエンジンを装備し、安全保障貿易管理業務における企業の内部規定(コンプライアンス・プログラム/CP)に則った承認プロセスの設定が可能です。また、入力した情報から経済産業省への輸出許可申請書を出力する機能を持っています。 安全保障貿易管理(*1)に対応する輸出品目情報の一元管理と、書類の作成・申請・承認等の社内承認ワークフローを電子化することが可能です。また、質問形式のフローにより、効率的に該非判定(*2)結果まで誘導することが可能です。輸出取引における、企業の外為法違反のリスク低減、コンプライアンス体制の強化、安全保障貿易管理業務の効率化を支援します。

 

国際社会の平和および安全を維持するため、外為法によって、特定の貨物・技術の輸出は規制されています(*3)。輸出取引を行う企業では、適切な許可申請を行い、厳格に情報を管理する安全保障貿易管理の仕組みが求められています。しかし、社内体制の不備や法認識の誤りなどから、外為法違反の事例は決して少なくはありません。 エムシスでは、海外への製品輸出や技術提供、輸入した製品の修理目的での輸出や返品、海外企業に対して発注目的での機材仕様書(規制対象性能)の提供など、貿易業務を行うメーカーを中心に販売します。法令改正に伴うデータの更新や管理についても保守サービスを提供する予定です。そのため、独自にシステムを構築し、管理を維持していくことが難しい企業にも最適です。企業各社の業務内容に合わせてカスタマイズ開発を行い、法令違反の恐れがないことを事前に検証したうえでご使用いただきます。販売開始より1年間で1億円の売上をめざします。販売価格は、300万円より(税抜き)。別途、アプリケーションサーバ、データベースサーバが必要です。既存の商社向けマンボウも継続して販売しています。

 

【主な申請機能・出力帳票一覧】

■主な申請機能 ■主な出力帳票
・ 該非判定申請(貨物・技術)
・出荷申請(貨物・技術)・アメンド申請(貨物・技術)
・ 輸出許可履行申請
・要否判定申請
・ 輸出許可申請書(貨物・技術)

・ 申請理由書(貨物・技術)

・ 該非判定書(貨物・技術)

・ 輸出内容等変更願い(貨物)

・取引概要説明書(技術)
・提供技術説明書
・誓約書
・変更申請書(技術)

 

【該非判定画面例】
manbou

 

(*1)我が国をはじめとする主要国では、武器や軍事転用可能な貨物・技術が、我が国及び国際社会の安全性を脅かす国家やテロリスト等、懸念活動を行うおそれのある者に渡ることを防ぐため、先進国を中心とした国際的な枠組み(国際輸出管理レジーム)を作り、国際社会と協調して輸出等の管理を行っています。(経済産業省ホームページより)
(*2)輸出する製品や技術が法令で規制されているか否かの判定。
(*3)核兵器やミサイルなど大量破壊兵器等の開発に使用される可能性のある貨物・技術の輸出には、経済産業省の許可が必要です。また、民生品を輸出する場合にも、兵器開発に転用が可能な場合は同様に規制を受けます。不正輸出の発覚にあたっては、刑事罰や行政制裁が科せられる場合もあります。その企業は罰則による損害と同時に長年築きあげた社会的信用の失墜も免れません。

 

【丸紅情報システムズについて】

丸紅情報システムズは、最先端ITを駆使した付加価値の高いソリューションやサービスを、お客様視点で提供するソリューションプロバイダです。製造・流通・サービス・小売・金融業を中心とする様々な業界の知見と高度な提案力、コンサルティングからシステム設計・構築、運用・保守サービスまでをワンストップで提供する総合力、そして、グローバルな視点からお客様の差別化に貢献する最先端技術が私たちの強みです。エンタープライズソリューション、製造ソリューション、プラットフォームソリューション、コールセンターソリューションとデータセンターを軸とするビジネスサービスの5つの事業展開でお客様のビジネスを支援します。

 

<お問い合わせ先>
丸紅情報システムズ株式会社
URL: http://www.marubeni-sys.com
〒150-0002東京都渋谷区渋谷3-12-18 渋谷南東急ビル
広報室(プレス関係者窓口)電話:03-5778-8885 ファックス:03-5778-8999

 

<製品に関するお問い合わせ>
丸紅情報システムズ株式会社
エンタープライズソリューション事業本部 ITソリューション事業部
電話:03-6658-1450

 

*文中の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。
*ニュースリリース記載の情報は発表日現在の情報です。記載の情報は予告なく変更される可能性がございます。