FS6022シリーズマスフローセンサ

製品詳細

人工呼吸器やCPAPの様な医療アプリケーションの為に設計されています。 0~250 L/min及び0~300L/minの単方向と双方向マスフローが計測できます。出力はRS232、I2Cデジタル及び0~5Vリニアアナログ電圧です。 ISO-22mm コネクタにより医療機器に簡単に接続出来ます。

FS6022シリーズマスフローセンサ

外形寸法

FS6022シリーズマスフローセンサ外形寸法

FS6022シリーズ 仕様

モデルFS6022FS6022A単位
フローレンジ0 ~ 250; 0~3000 ~ ±250; ±0~300SLPM
ターンダウン比> 100:1 
精度±(2 + 0.5FS)%
再現性± 0.5%(読取)
ヌルシフト± 30mV
出力シフト± 0.12%/℃
応答時間8ms
出力RS232 / I2C、リニアアナログ 0~5VVdc
最大フロー抵抗<0.1 cmH2O/L/sec 
最大動作圧力0.2MPa
電源5 ± 1%Vdc
動作電流< 10(無出力負荷)mA
消費電力< 50mW
アナログ出力負荷ソーシング:14mA
シンキング:11
動作温度0 ~ +60
継手ISO – 22 mm 
ピン出力5ピン、AMP 103956 – 4、0.5m 
重量21.5g
保存動作-20~+65
湿度< 95 %RH (凍結、結露がないこと)