RPAソリューションWindows操作ロボット
WinActor(ウィンアクター)

このような事にお悩み、ご要望はお持ちではないですか?

  • 毎日同じような作業の繰り返しは、誰でも出来るのでは。ロボットに代わって欲しい!
  • 業務の繁忙期の臨時雇用における、採用、教育が困難。
  • 時間がかかっている上に、「誤入力等のミス」も多い。
  • 既存のシステムの改修せずに、システム改善をしたい。
矢印

そのお悩みはWinActorで解決します!

WinActorとは

Windows端末で操作可能なアプリケーションへの繰り返し入力作業をRPAにより自動化するAIロボットです。

Excelやブラウザからワークフローなどの業務システムまで幅広く対応。操作を規定するシナリオの作成も容易で、
プログラミング知識は不要です。システムを改修することなく、入力ミスをなくし業務を効率化します。

【導入前】
オペレータによる端末操作

IT投資予算がない…
⇒人手で頑張るしかない!!

【導入後】
WinActorによる自動操作

WinActor(ロボット)が代行!
投入データを準備して実行ボタンを押すだけ

WinActorの活用現場のご紹介

利用シーン

エアコン取り付け工事作業依頼書作成

用途

エアコンを購入した「お客様情報と希望日時情報ファイル」から、取付工事事業者に依頼する「作業指示書」の転記作業を自動化

効果

業務繁忙期は作業指示書作成のためアルバイトを雇って対応していたが、WinActor導入により不要となった。

WinActor機能概要

プログラミング等の特別な知識が無くても簡単にシナリオ作成ができます。
WinActorのメニュー、ライブラリはすべて日本語で出来います。

WinActor自動化シナリオの作成の流れ

1.シナリオ自動記録

  • ①録画
  • ②記録させたい操作を行う
  • ③録画終了

2.シナリオ編集

自動生成されるフローチャートをドラッグ&ドロップ、移動などをしてシナリオ編集

  

3.シナリオ実行

あとは自動実行させるのみ!!

 

WinActorのシナリオ作成動画

容易なシナリオ作成機能動画
条件分岐を含めたシナリオ編集動画

WinActorシナリオ編集機能

豊富なユーザーライブラリを備えています。

ドラッグ&ドロップ、クリック操作でシナリオ作成、編集が可能です。

WinActor自動化インターフェイス

4種類の自動操作インターフェイスを用いてあらゆるソフトウェアの操作を実現します。

事例

WinActor活用事例①

注文書の識別・転記作業のロボット利用例

様式が異なる注文書の識別・転記をロボットにより自動化させ作業効率改善と転記ミスを0。

WinActor活用事例②

既存のシステムに手を加えず新規業務を追加した例

既存の基幹システムへの改修作業を行わなかったため、改修コスト、影響範囲を最小限に。

WinActor動作環境

ハードウェア環境
項目 概要仕様
CPU 2.5GHz相当以上のx86またはx64プロセッサー
メモリ 2.0GB以上
HDD 空き容量3.0GB以上
画面 最低1024×768が表示可能
サウンド シナリオ中で音を出すためのサウンド機能 ( スピーカー含む ) ※音機能を使わない場合は不要
ソフトウェア環境
項目 概要仕様
OS Microsoft Windows 7 Professional SP1
Microsoft Windows 8 Professional
Microsoft Windows 8.1 Professional update1
Microsoft Windows 10 Professional
Microsoft Windows Server 2016
ウェブブラウザ 対象となる業務アプリケーションがInternet Explorerを使用する場合には、対象ブラウザはMicrosoft Internet Explorer ( 以下、IE ) のバージョンは11であること。
( ※ UI認識インターフェース利用時 )
アプリケーション WinActorでは、処理の自動実行時に外部ファイルから読み込んだ値をシナリオ中で利用する変数に格納することや、実行結果を外部ファイルに書き出すことができます。外部ファイルの形式としては、csv形式とExcel形式 ( 拡張子がxls、xlsx、xlsb、xlsm ) が利用可能。 ※Excel形式を利用する場合には、Microsoft Office Excel 2010、2013、2016のいずれかのインストールが必要。

※WinActorは、株式会社NTTデータの登録商標です。