「RPA化」前の大きい壁、
『業務整理疲れ』
起きてませんか?

【RPA化前の様々な課題】

  • 何をRPA化※1すればよいかわからない
  • 業務整理をする時間が取れない
  • 現場が何で忙しいかわからない
  • 他人の働き方まで気が回らない。余裕がない

    ...etc

RPA(Robotic Process Automation の略語)定型業務自動化ツール

その手間な「業務整理」

RPA化を3つの要素で強力にサポート

  • AIによる業務可視化

    複数の繰り返し業務も一括で可視化。
    RPAへの対応可否判断材料は自動収集

  • 勤務実態の可視化

    業務時間(PC操作の有無含め)の可視化が可能。
    担当者毎の業務負荷が確認でき、RPA化の優先度が決められる

  • 設定はインストールだけ

    現場担当者の手を煩わせない設定一切不要の簡易ツール。
    嫌がれることなくスムーズに導入

サービス概要

業務丸見え『AIリポーター』サービス概要

  • ①PCの操作ログを自動収集。アプリの操作内容や画面遷移を集計し、クラウド上の独自AIの判定により、操作内容を自動で精査

  • ②自動精査された操作内容から、個人単位、組織単位でレポートを自動発行

  • ③レポート内容を基にRPA化業務選定を行い、社内RPA開発を加速!

なにが AI なのか?

操作ログ内の繰り返し業務パターンをAIで判断・抽出

繰り返し業務中に、突発的な作業が入った場合、AIによって作業内容を精査・判断

料金体系

業務丸見え AIリポーター 料金表

初期費用 10,000円
月額基本料(レポート集計可能なグループごと) 2,000円/月
月額ライセンス利用料(1台当たり) 1,400円/月
  1. 契約期間は1年間となります。
  2. PC端末単位での契約となり、更新時を除くライセンスの途中移行は不可となります。
  3. 本製品の使用にはインターネット環境への接続が必須となります。
  4. 記載の費用はすべて税抜きとなります。

製品仕様

対象OS Windows8、Windows8.1、Windows10、Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2016、Mac OS X Tiger v10.4.11以降、Mac OS X Snow Leopard、Mac OS X Lion、OS X Mountain Lion、OS X Mavericks、OS X Yosemite、OS X EI Capitan、macOS Sierra、macOS High Sierra
CPU/メモリ/HDD空き容量 対象OSの推奨システム要件を満たしていること
レポート閲覧方法 Web
レポート閲覧可能期間 月末締めで翌月10営業日頃
※月の途中から利用開始した場合も月末締めで翌月10営業日頃に閲覧可能です。
開通期間 ご発注日から約7営業日で開通
※7営業日以降での開通希望の場合:希望の利用開始日に開通
メンテナンス時間 平日24時から5時、土曜・日曜・祝日および年末年始(12月28日~1月3日)
サービス提供対象外 契約者の所持するパソコンに、MOTEX製の「LanScorp Cat」をインストール済みの場合、本サービスの提供対象外となります。
その他 分析対象となる端末がインターネットに接続されており、下記のポートについて通信が可能なこと
・38002/TCP
・38003/TCP
・38005/TCP
・38006/TCP
・38007/TCP
・38014/TCP
・33701/TCP
備考 本サービスでご利用いただく各種サービスサイトへのアクセスおよびログ分析対象となる端末からログアップロードに必要なインターネット回線やプロバイダの手配および利用料についてはお客様負担となります。

RPA開発支援・業務自動化・効率化 連携ソリューション

  • RPA開発前業務ヒアリングの
    工数を半分に!

    iTutor
  • 業界最高峰の
    AI-OCR

    DX Suite
  • 国内シェアNo.1
    RPAツール

    winActor

製品のお問い合わせはこちら

御見積依頼、構成、構築のご相談等、下記迄お問い合わせください。

(東京) 03ー4243-4320
(大阪) 06-6395-5560

(名古屋) 052-209-2412
(九州) 092-711-2157