• OpenJDKと100% 互換性が
    保証されたJDK & JVM

    Zulu Enterprise
    Zing
    Zulu Embedded
  • java8 アップデート終了


    Oracle Java開発・運用のお客様へ

    Oracle Java SE/Desktop
    料金・サポート 最適解のご相談はこちら    

    dule

    2019年1月よりOracle Javaの無償アップデートが終了となり、企業や組織はいよいよ今後のJava運用方針・開発方針を決定することが求められています。特に、ビジネス面でのインパクトは、システム環境によって、莫大な維持コストを強いられる可能性があるため、余裕をもったリスクの棚卸と対策の検討をすることが重要なポイントとなります。

    完全互換性のあるAzul社のJDKへ切り替えることで、Oracle Javaを利用いただいているお客様または、OpenJDKの利用をご検討いただいているお客様の価格とサポートの課題を一気に解決でき、ビジネスインパクトを最小限に抑えることができます。

    製品概要

    エンタープライズ・政府・官公庁から組み込みシステムまで
    Azul Systemsは、JavaとJava仮想マシン(JVM)に特化した世界で唯一の企業です。2002年に設立されたAzul社は、カリフォルニア州サニーベールに本社を置き、世界中に開発拠点とサポートセンターを構えています。
    リリース製品
    • 2005年 ハードウェアベースのJavaアプライアンス Vega
    • 2010年 Azul Zing®
    • 2013年 Zulu®
    • 2014年 ReadyNow!Rテクノロジー
    • 2015年 Zulu® Embedded
    • 2016年 32-bit ARMR向けZulu® Embedded
    • 2017年 LLVMテクノロジーに基づくFalcon
    Azulはお客様のリスクを軽減し、投資を保護します
    Azul Systemsは、自社の製品が業界標準に準拠していることを証明し、既存および新規のアプリケーションがお客様の環境で完璧に動作することを保証します。OpenJDK™コミュニティやその他のJava中心の開発者イニシアチブに参加しながら、Java標準の準拠に重点を置いています。また、アプリケーションサーバー、データベース、ツールから、完全なカスタムアプリケーションやコアビジネスシステムに至るまで、サードパーティの多くのソフトウェア製品をテストし、動作認証しています。

    製品ラインナップ

    Java SE準拠 JDK

    詳細はこちら

    比類なきパフォーマンスのJVM

    詳細はこちら

    組み込み専用 JDK

    詳細はこちら

    他社比較

      Oracle Azul Systems OpenJDK
    価格 CPU Core総数
    有償ライセンス
    無制限利用、有償サポート 無償
    サポート体制 24時間365日 24時間365日 コミュニティ
    機能開発/バグ修正 専属の開発部隊 専属の開発部隊/
    NISTの定義に従い対応
    コミュニティ
    ソースコード ほぼ同じ(一部カスタム機能実装) 同じ
    Java SE互換性 Java SE準拠(TCK合格) ベンダー依存
    サポート期間 Java8  : Mar 2025
    Java9  : Mar 2018
    Java11 : Sep 2026
    Java8  : Mar 2026
    Java9  : Mar 2020
    Java11 : Sep 2027
    Java8  : Dec 2018
    Java9  : Mar 2018
    Java11 : Mar 2019
    マイグレーションサポート あり なし

    マイグレーションプロセス

    マイグレーションプロセス

    ※文中の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。

    ※記載の情報は発表日現在の情報です。記載の情報は予告なく変更される可能性がございます。

    CONTACT

    お気軽にご相談ください
    電話でのお問い合わせ
    03-4243-4520
    受付:月曜日~金曜日 9:15~17:30※祝祭日除く