EffiBOT

オペレーターとの「協働搬送(Follow-me)」、無人走行による「自律搬送」、
さらに「協働+自律搬送」など様々な組み合わせで搬送業務を効率化。
360°検知センサ搭載を含む複数の安全対策により、安心して簡単にすぐに使える
自律走行型搬送ロボット(AMR: Autonomous Mobile Robot)です。

EffiBOT

EffiBOTは、フランスを拠点に10年以上にわたる自律走行型搬送ロボット開発・製造の実績を持つEffidence社のソリューションです。この自律走行可能な搬送ロボット(AMR)は、物流倉庫や工場の生産ラインなどでオペレーターとの協働走行や無人自律走行による自動搬送により、 省人化・無人化ソリューションを提供します。また、高い走行性能を持ち、屋内のみならず敷地内の建屋間の移動といった屋外での作業にもポテンシャルを発揮し、作業者をサポートします。磁気テープやバーコード等のガイドを施工できない既存の施設にもスムーズな導入が可能。且つ搬送ルートや運用ルールの変更にもフレキシブルに対応することができます。

EffiBOT「車両性能」「協働搬送」「自立搬送」

EffiBOTは、以下のような現場におすすめ

  • 01. 段差凸凹、傾斜、スロープ、溝、水濡れ等 床がフラットではない環境で使える
    搬送ロボットを探している
  • 02. 人の往来があるエリアに導入したいが、今からロボット専用走行レーンは確保できない
  • 03. オペレーター/担当者によるピッキング業務の生産性をもっと向上させたい
  • 04. 長距離の工程間搬送に無駄な工数がかかっているので、より効率化・省人化を図りたい
  • 05. 横持ち搬送を省人化したいが、行先が複数あり、立ち寄り順も都度変わる為、
    臨機応変に自動搬送させたい
  • 06. 定期的な床のガイドテープのメンテナンスやルート変更工事のたびに
    発生する工数と費用を無くしたい

EffiBOT主な特長

1.  段差など床面がフラットでない環境で使える 圧倒的な走破力
長距離 & 重量物搬送を効率化、 360°センサを含む安全設計

  • 古い施設や建屋間などフラットではない床面でも安定して走行する大型タイヤ採用
  • 最大積載 300kg、最高時速 6km/hを活かし重量物搬送と長距離搬送を効率化
  • 前後どちら側でも操作・走行ができるリバーシブル設計
  • 人の往来があるエリアに安心して導入可能な6つの安全対策

    複数センサによる360°検知、どこからでもすぐに押せる非常停止ボタン、
    走行中を周囲に知らせるブルーライト投光器、サイドプロテクター装備 等

  • 荷姿、用途に合わせ自由にカスタマイズ可能で、
    広くフラットかつ作業負担の少ない高さの荷台構造 *1
  • メーカー純正 C型トレーラーによる牽引搬送が可能(オプション)*1
  • 予備バッテリー(オプション)と脱着交換ができるリチウムイオンバッテリー採用
    • 最大積載重量 300kg *2
    • 最高 6km/h *3
    • 内寸1200mm x 600mの広い荷台
    • 最大被牽引物 500kg *2 *3
    • 走行時間 6-8時間 *3
    • 積み下ろしがしやすい 高さ55cmの荷台
  • *1 カート/台車の牽引や荷台へのラック取付などについては別途ご相談ください。
  • *2 4WDモデルとして
  • *3 荷物の積載状況や路面などの環境条件により変化します。
  • 前後リバーシブル設計&どこからでも押せる非常停止ボタン
  • 複数センサーで障害物やオペレーターを360°検知
  • ユーザーによるカスタマイズが可能な荷台構造
  • C型トレーラー(オプション)と
    タッチスクリーン
    (オプション)の例
  • 牽引治具アタッチメント
    (オプション)
  • リムーバブルリチウムイオンバッテリーを採用
    (予備用オプションあり)

2.  イメージ通りに前後に追従してくれる唯一無二の「協働搬送」
両手が使え、搬送以外の付加価値の高い業務へ集中できる 

  • 搬送業務の生産性をアップ、かんたんに切り替えられる 2つの走行モード
    • イメージ通りに絶妙に自律追従する
      Follow-me モード
    • 進行方向後方から意のままに操る
      Precede-me モード
  • 教育不要、誰でも簡単シンプルに、すぐに使えるハンズフリー走行
  • Uターン不要、かんたんに前後に折り返せるリバーシブル走行
  • 障害物を自動回避しながら追従する Follow-me モード
  • 搬送しながら両手が自由に使え、ハンディ検品等の「高付加価値作業」がしやすい
  • 空いた手で台車をもう一台搬送することで生産性アップが可能
  • オペレーターの歩く速さに応じて安全な距離と速度を自動調整
  • 協働搬送~目的地へ自律搬送で移動、無駄な移動時間・体への負荷を削減

3.  ユーザー自身で自由自在に搬送ルート/運用ルールを設定可能
単独「自律搬送」~外部設備・システム連動へフレキシブルな拡張性

  • 人の代わりとなる無人搬送にすることで、オペレーターの無駄な移動時間を削減
  • EffiBOT内のマップデータを基に、障害物を回避しながら安全に目的地へ移動
  • 床ガイドテープ不要で定期メンテ不要、自由自在に設定&フレキシブルな運用が可能
  • 付属「MapEditor」を使い、行先追加・ルート変更・運用ルール設定&編集など
    社内リソースで対応可能

  • EffiBOT単独「自律搬送」~ 外部設備・上位システムとの連動等 ステップアップ可能 *4
    • STEP1 : 追加機器やシステム開発なしで EffiBOT本体のみでシンプル運用
    • STEP2 : タッチスクリーンによる登録地点リストから目的地選択、立寄順番指定が可能 *5
    • STEP3 : Fleet Coordinator System導入で、より多彩な運行管理が可能 *4 *5 *6 *7

      複数台数の管理、ステータス確認、遠隔制御、
      自動ドアやコンベア等の施設設備との連動、WMS等の上位システム連携など

  • *4 自律搬送についての対応時期や費用に関しましては別途お問い合わせください。
  • *5 別途オプション機器が必要になります。
  • *6 別途専用システム「Fleet Coordinator System」の導入、Wi-Fi環境が必要になります。
  • *7 施設設備との連携には別途第三者会社とのシステム開発が必要になることがあります。
  • マップデータとセンサー検知に基づき自律走行
  • Fleetシステムによる
    施設システムや設備との連携
  • タッチスクリーン取付例
  • コンベア連携で荷物受け渡し
  • マッピング作成の
    イメージ
    生成されたマップイメージ
    MapEditorでの設定イメージ

紹介動画

活用シーン

高い搬送能力でピッキング&棚入れ業務~自動搬送まで幅広い業務をサポート!

  • 自律走行によるトレーラー牽引
  • ブルーライトで走行中をアピール
  • 製造現場や倉庫で協働搬送
  • 敷地内、屋外の建物間を協働搬送
  • 所定位置まで自律走行で移動し待機
  • オペレーターと協働走行で作業へ
  • 自律走行でコンベア荷物受け渡し
  • ユーザーによるカスタムラック取付例
  • 敷地内のスロープを上り、
    所定の場所へ移動 
  • 敷地内、屋外で建屋間を自律走行*8
  • *8 公道や雨天での走行には対応しておりません。 

EffiBOT仕様

EffiBOT車両構成*2

  • 駆動方式4WD(4WS)
  • 最大積載300kg
  • 最大牽引500kg
  • 最高時速6km/h
  • 走行時間6-8時間(充電3.5時間)
  • 360°障害物回避センサー
  • リムーバブルリチウムイオンバッテリー
EffiBOT仕様

EffiBOTスペック

2輪駆動 4輪駆動
車両本体サイズ 1450 x 660 x 550 mm
車両重量 約140Kg
最大積載量 200Kg 300Kg
最大牽引重量 200Kg 500Kg
動作温度 -10℃~45℃
最高速度 時速 6 km/h
走行時間 6~8時間*
通信 Wi-Fi
ホイールベース 800 mm
Uターン必要道幅 3,300 mm
最小回転半径 1,200 mm

* 荷物の積載状況や路面などの環境条件により変化します。

* 本製品情報ページでは一部で仕様アップデート前の製品写真を含みます。
最新情報および詳細情報についてはお問い合わせください。

* 記載の製品名等は、各社メーカーの商標またはそれに準じる登録を受けています。

* 記載の機能、仕様等は、改良のために予告なしに変更することがあります。