丸紅情報システムズ株式会社
丸紅情報システムズ株式会社

IoT Japan 2019

イベント
東京
ものづくり
業務向けソリューション
AI
半導体・デバイス
IoT

プログラム内容

丸紅情報システムズは、日経BP社主催の「日経xTECH EXPO 2019」と同時開催の「IoT Japan 2019」に出展致します。

丸紅情報システムズのブースでは、エッジxAI解析ソリューションとして、AI開発フレームワークである「ReNom」、AIアルゴリズムをエッジに搭載したAIカメラソリューション「TRASCOPE-AI」をご紹介させていただきます。

IoTデバイスおよびモジュールソリューションとして、バッテリーレスの無線センサーモジュール/スイッチ製品である「EnOcean」をはじめとして、クラウドを活用したエッジデバイスの開発が可能な「Microchip」、最新のBluetooth5規格に準拠した近距離・低消費電力無線に最適な「Nordic」、そのNordic社の製品をモジュール化した「RAYTAC」をご紹介いたします。

工場やプラント内での見える化ソリューションとして、ノンプログラミングでモニタリングとコントロールのためのIoTアプリケーションを開発可能な「Operations Hub」、人・モノ・機械の動きを分析可能な「i-Field indoor」を展示させていただきます。

皆様のご来場をお待ちしております。
 

開催日時

2019年10月09日(水) ~ 2019年10月11日(金)

10:00~17:30


会場

東京ビッグサイト 西1ホール
ブース番号:1450

主催

日経BP

お問い合わせ

丸紅情報システムズ株式会社
デジタルITソリューション事業本部
IoT・デバイスソリューション部 担当:工藤
TEL: 03-4243-4160
e-mail: device@marubeni-sys.com

【出展ソリューション】

エッジ×AI解析トータルサポート
・日本のAIベンチャーGRID社製のAI開発フレームワーク「ReNom」では、お客様の画像・データに対するAIモデルをGUI上で簡単に開発でき、作成したモデルはエッジ環境へ導入することができます。
・エッジAI解析ソリューションとしてAIアルゴリズム搭載の監視カメラソリューション「TRASCOPE-AI」やAI Boxへの組込みサポートなど、当社はエッジAIを中心にモデル開発から実行環境までトータルサポートします。

 

EnOcean社 バッテリーレスIoTデバイスソリューション
動作・光・熱から自己発電するエナジーハーベスティング技術と独自の超低消費電力無線技術を応用した、バッテリーレスの無線センサーモジュール及びスイッチ製品をご提供します。

 

Operations Hub スマートファクトリー向け見える化ソリューション
直観的なUIを用いることで、システム開発経験の無い人でもプログラミングをすることなくIoTアプリケーションを開発することのできる開発環境を提供します。IoTアプリケーションに不可欠なモニタリングとコントロールの機能を、ノンプログラミングで開発することができる商品となり、生産管理用のソフトウェアの分野に於いても、現場レベルの方でソフトウェアを改修(デジタル改善)できるツールとなります。

 

MULTISOUP社 屋内位置情報&位置/設備マッピングソリューション iField Indoor
工場・倉庫・プラント・工事現場・病院といった施設内での、人・車両・モノ(製品・道具)・機械などの現場での動きをマップ上で“見える化”することにより、屋内施設の仕事状況を点・線・面・体での把握を可能にし、仕事の稼働状況や問題点を浮かび上がらせる屋内位置情報サービスです。

 

RAYTAC社 Bluetooth low energyモジュールソリューション
BLEにてワールドワイドNo.1のシェアを持つNordic Semiconductor社の全製品をモジュール化し、Bluetoothロゴ認証や国内TELECを含め幅広く海外電波認証を取得。当社はファームウェア開発からのトータルサポートを提供致します。

 

半導体デバイス・モジュール製品 Microchip
Microchip社ではMCUやセキュリティ、WiFiモジュールなどを使用してIoTエッジデバイスの開発からクラウドを活用したGoogle IoT/AWSとスマートスピーカを用いた音声システムを展示させていただきます。

 

半導体デバイス・モジュール製品 Nordic Semiconductor
Nordic社ではARMコアCPUを内蔵し最新のBluetooth5規格に準拠可能な業界トップシェアの無線SoCを取り揃えております。Bluetooth MeshやZigbee, Threadなどネットワーク規格も自由に設計が可能であり、近距離・低消費電力無線に最適なソリューションをご提供致します。
イベント公式サイトは こちら