第3回スマート工場EXPO

イベント
東京
ものづくり
業務向けソリューション
AI

プログラム内容

丸紅情報システムズは、リードエグジビジョンジャパン社主催の「第3回スマート工場EXPO」に出展いたします。

丸紅情報システムズのブースでは丸紅グループが提供する、AI・データ解析を活用したスマートファクトリーソリューションとして、無線AIカメラを活用した画像解析ソリューションやAI・ビッグデータ解析サービスの取組み事例、データ解析体制構築支援サービス(データ解析基盤・エンジニア育成)についてご紹介させていただきます。

皆様のご来場をお待ちしております。

開催日時

2019年01月16日(水) ~ 2019年01月18日(金)

10:00~18:00(最終日のみ17:00まで)


会場

東京ビッグサイト 西ホール2階
ブース番号:W18-3

主催

リード エグジビジョン ジャパン 株式会社

【出展製品】

無線AIカメラ×顔認証アルゴリズムを組み合わせた入場管理ソリューション:
エッジ処理に最適な顔認証アルゴリズムをAIカメラに搭載することにより、多数の顔情報(特徴点)をカメラ側で保有し、顔検出・マッチングを高速で処理することが可能です。
加えて、AIカメラの特徴である屋外利用も容易に可能、管理用クラウドサーバとAIカメラを同期させることで、複数拠点でも同一のDBで処理することが可能となり、複数拠点も対応可能です。

 

無線AIカメラ×車番検知アルゴリズムを組み合わせた入場管理ソリューション:
AIカメラに搭載された車番検知アルゴリズムがナンバープレートを読み取り、検知結果をクラウドへリアルタイム通知します。専用U / Iによる検知結果の確認やCSV出力の他、APIによる他システムとの連係も容易に実現可能です。

 

AI解析サービスと製造現場への活用事例:
①画像解析による外観検査
生産ラインの品質検査工程においてAI画像解析ソリューションを導入することで省力化や人為的ミスの防止を実現できます。
②時系列データ解析による品質管理および生産性向上
蓄積された生産設備等のデータを品質管理や生産性向上に活用することができます。

 

画像と3次元データへのAI解析活用:
画像解析と同様に、点群データなどの3次元データ形式へAI (ディープラーニング)の活用検討が進んでいます。
製造業向けに3D計測システムの提供実績が豊富な弊社は、ハードウェアとAI解析のソフト面の両面から3次元データ活用をサポートいたします。

 

イベント公式サイトは こちら