Extreme Fabric Connect

データセンターや企業のネットワークにおける
従来の課題を解決します。

従来型ネットワークにこのような課題を抱えてませんか?

信頼性に関する課題

  • ループ障害への対応
  • コアスイッチの冗長化機能が動作せずネットワークダウン
  • VLAN設定ミスなど、ヒューマンエラーによるネットワークダウン

俊敏性に関する課題

  • 新規のサービスを展開する際に、トポロジーの制限があり、トポロジー変更ができない
  • 拡張性が無く、ネットワークを拡張したくても対応が困難
  • イーサネット上にSpanning TreeやOSPFなど、複雑なプロトコルのスタック(レイヤー毎にデザイン必要、障害時もレイヤー毎に切り分け必要)

柔軟性に関する課題

  • 部門変更や合併などによる急なネットワークの変更・追加への対応
  • 当初の設計仕様とは異なるネットワークへの変更要求への対応
  • 多くのコンフィグ箇所による運用コストの増大(コンフィグはエッジスイッチからコアスイッチまで全てのスイッチに必要)



Fabric Connectで課題を解決!!

シンプルなプロトコルを利用するため、設定に費やす時間とコストを大幅に削減できます。
トポロジーにより冗長性を確保するため、従来のよりも低コストで冗長性を確保できます。
トポロジーにより冗長性を確保するため、従来の技術より冗長性が高まります。
マルチテナントのサポートにより、企業コンプライアンスを遵守できます。
大規模なマルチキャストサポートにより、監視カメラによる安心安全を担保します。

▼そんな、Fabric Connectのつの概要はこちら▼

Shortest Path Bridging(SPB)をベースにしたソリューション

Fabric Connectは、シンプルなプロトコルShortest Path Bridging(SPB)を採用しています。SPBは、Extremeと主要なNWベンダーが中心となり標準化された仕組みです。(IEEE 802.1aq、IETF RFC6329)


エンド to エンドでのネットワーク仮想化を実現

従来の仮想技術はデータセンター利用のみをターゲットにしていたため、コアスイッチしか仮想化に対応していませんでした。Fabric Connectはコアスイッチ~エッジスイッチまで仮想化に対応しています。エンタープライズでの利用に対応し、容易なマルチテナンシーネットワークも実現します。(1つの物理ネットワーク上に複数の論理ネットワークが構築可能)


大幅に削減された設定ポイント

従来の仮想技術はデータセンター利用のみをターゲットにしていたため、コアスイッチしか仮想化に対応していませんでした。Fabric Connectはコアスイッチ~エッジスイッチまで仮想化に対応しています。エンタープライズでの利用に対応し、容易なマルチテナンシーネットワークも実現します。(1つの物理ネットワーク上に複数の論理ネットワークが構築可能)


強力なIPマルチキャストサポート(ネイティブ・サポート)

Fabric Connectは、IPマルチキャストをネイティブでサポートします。従来の複雑なマルチキャストプロトコル(PIM)・IPユニキャスト・専用ネットワークを用いたカメラシステムから脱却することができ、監視カメラ・デジタルサイネージなどのIPマルチキャストアプリケーションに最適です。これまでに、1つの物理ネットワーク上で1万台のIPマルチキャストカメラネットワークを構築した実績があります。


従来 Fabric Connect

複雑

複数のプロトコル(L2Protocol STP, L3 Protocol OSPF, Multicast Protocol PIM etc)

シンプル

唯一のプロトコル(SPB)で、デザインしやすい

収束時間が遅い

数十秒から数分

素早い収束

概ね200msec以内での収束

困難な導入

設定はエッジからバックボーンまで網羅しなければならない

容易なコンフィグレーション

設定はエッジに対してのみでシンプル

拡張性の限界

数百グループまでの限界(従来のプロトコルでは膨大なリソースを必要とするため)

飛躍的な拡張性向上

数万グループまで飛躍的に拡張性が向上


自由なネットワーク・トポロジー

従来のネットワーク技術では実現できなかったコアレス構成や、リング型とスター型の混在、フルメッシュ型などを自由に設計できます。オフィスフロア・既設配線・設置場所などによる制限を最小限に抑え、ネットワークを導入可能です。
  -トポロジーによる冗長化を実現
  -概ね200m秒以内に経路変更が可能

※ Fabric Connectは2017年にAVAYAからExtremeに移管されました。
本動画はAVAYAにて作成された動画である事にご留意願います。

Fabric Connectラインアップ

Contact

Fabric Connectのご紹介や御見積をご希望の際は、
お気軽に下記よりお問い合わせください。

PAGE TOP