ATOS ScanBox BPSバッチ処理システムを使用した自動化テクノロジーああ

ATOS ScanBox BPS

バッチ処理システムによって光学式3次元測定システムへの搬入出がが自動化されます。そのためATOS ScanBoxは処理システムとPLC( Programmable Logic Controller: プログラマブルロジックコントローラ)によって拡張されます。ATOS ScanBox BPSは高さ500mmまでの1バッチ分の部品の全体形状測定に対応するソリューションです。

標準構成仕様

  Solution 1 Solution 2 Solution 3
一般的な用途 電極 ブレード ブレード
最大測定物直径 [mm] 50 72 115
最大測定物高さ [mm](測定治具含む) 150 300 500
最大測定物重量 [kg] 20 20 40
最大バッチサイズ 132 88 25
一般的な自己完結ランタイム [h] 11 8 3

利点

自立的な機械稼働時間

ユーザが個々の測定物を設置する必要がないため、品質保証に必要な時間がこれまでより大幅に削減されます。オペレータが介在することなく、ATOS ScanBox BPSが自立的に最大11時間測定を行うため、人件費の削減と機械稼働時間が増加します。

高いプロセス信頼性

測定対象物がRFIDチップなどでマークされているため、測定および検査プログラムをシステムが自律的に検出して実行します。ユーザを介在しない測定により高いプロセス信頼性を実現します。

生産統合型の3D計測技術

生産でのATOS ScanBox BPSの高い優位性は堅牢性、測定速度、温度変動に対する自己補正機能です。全バッチの部品、電極またはタービンプレードの移送作業が不要になります。

センサテクノロジー

センサテクノロジー

ATOSセンサは1スキャンあたり最大1600万の測定ポイントをわずか数秒以内でそれぞれの3D座標を取得します。
測定データが非常に詳細な再現性で形状化されるため、非常に小さな対象物の特徴形状も測定できます。

ATOSシリーズを見る

GOM社のすべてが分かる

– GOM Magazine –

GOM MagazineはGOM社が発行するオンラインマガジンです。GOM社の最新トピックスや導入事例といった内容を全40ページに渡って、詳細にご紹介しています。日本語版PDFを入手できるのは日本における総販売代理店を務める弊社サイトのみになります。

ダウンロードはこちら

Webセミナー

ご都合の良いときにご視聴いただけます。
過去に開催したWebセミナーをアーカイブしています。

Webセミナー

オンラインデモ

対面でのデモ実施が困難なお客様のために、
オンラインでのデモ環境をご用意しています。

オンラインデモ

カタログのダウンロード

製品情報のカタログ一式をPDFでご用意しています。
ダウンロードはこちらから。

カタログダウンロード

デモ&お見積もり

デモ、お見積もりは以下よりご請求ください。
オンラインでのデモも承っております。

デモ&お見積もり