丸紅情報システムズ株式会社
丸紅情報システムズ株式会社

丸紅情報システムズがNTTデータ ビズインテグラルと販売代理店契約締結 「SaaS」クラウドコンピューティングに対応する統合基幹業務システムを実現

ニュース
2011年02月04日
丸紅情報システムズ株式会社

丸紅情報システムズ株式会社(略称:エムシス/MSYS、本社:渋谷区渋谷3-12-18、社長 小川 和夫)は、株式会社NTTデータ ビズインテグラル(本社:港区赤坂2-5-1、社長 中山 義人)が開発した業務アプリケーション「ビズインテグラル(Biz∫)」の販売を開始します。

従来のERPパッケージは日本の商習慣に合わせるためにアドオン開発が多く、結果的には導入コストが増加する傾向にありますが、Biz∫は必要な機能を柔軟に追加、変更することができる、次世代型の設計・開発手法「SOA(サービス指向アキーテクチャー)」(*1)を実現したことにより、従来のERPパッケージに比べ適正なコストで導入できるメリットがあることから、事業化を図りました。

MSYSでは、NTTデータ ビズインテグラルの正規特約代理店として、年商500~2000億円の中規模・大規模のユーザ向けに、対象業種は、製造業、流通サービス業をターゲットとして、適正な導入価格とBiz∫の特長であるBPM(ビジネス・プロセス管理(*2))による事業プロセス改善を積極的に提案し営業活動を展開します。
また、NTTデータ ビズインテグラルと共同で、IFRS(*3)対応や次期ERP構想を検討しているユーザの課題および問題点を洗い出す初期のコンサルティングサービスをはじめ、実際のシステム構築や運用・保守サービスまでを提供します。MSYSは、ビズインテグラルを全国の営業網を通じて販売し、販売開始より1年間で2億円の売上をめざします。

【NTTデータ ビズインテグラルについて】
次世代ビジネスプラットフォーム「ビズインテグラル(Biz∫)」を開発、販売するため、2009年6月に設立しました。サービス指向型のビズインテグラルは、イントラマート ver7の特徴でもあるSOA・BPM基盤を中核として採用。この上で動作する次世代型のフレキシブルなSOA型アプリケーションを開発し提供していくビジネスです。特に、国内の有力なパッケージベンダーとの協力を仰ぎ、各社からの熱い思いを「ビズインテグラル ブランド」として一つにまとめあげたというのが新会社発足の経緯です。立ち上げにあたり、従来のERPを導入後の不満を持つユーザを調査し、課題解決型でパッケージやソリューションだけでなく、コンサルティングや活用サポートを含めたトータルサービスを提供します。従来のERPとは異なり、高い柔軟性と拡張性を持ち、全ての従業員が日常的に利用できるような操作性を装備しました。さらには、SaaS・クラウドでの展開までを可能にするなど、国内外のパートナー企業と協力しながら育成し、本当にユーザから求められているソリューションをめざしています。NTTデータ ビズインテグラルについては、以下のホームページをご覧ください。
http://biz-integral.com/
【丸紅情報システムズについて】
丸紅情報システムズは、最先端ITを駆使した付加価値の高いソリューションやサービスを、お客様視点で提供するソリューションプロバイダです。製造・流通・サービス・小売・金融業を中心とする様々な業界の知見と高度な提案力、コンサルティングからシステム設計・構築、運用・保守サービスまでをワンストップで提供する総合力、そして、グローバルな視点からお客様の差別化に貢献する最先端技術が私たちの強みです。エンタープライズソリューション、製造ソリューション、プラットフォーム&ネットワーク、データセンターを軸とするビジネスサービスの4つの事業展開でお客様のビジネスを支援します。
<お問い合わせ先>
丸紅情報システムズ株式会社
URL: http://www.marubeni-sys.com
〒150-0002東京都渋谷区渋谷3-12-18 渋谷南東急ビル
広報室(プレス関係者窓口)電話:03-5778-8885 ファックス:03-5778-8999
<製品に関するお問い合わせ>
丸紅情報システムズ株式会社
ビジネス開発部
電話:03-5778-8780

*文中の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。
*ニュースリリース記載の情報は発表日現在の情報です。記載の情報は予告なく変更される可能性がございます。