Java(TM)システムのTCOを抑制するJavaSE 100%互換の Azul社JDK・JVMの販売を開始

ニュース
2018年12月12日
丸紅情報システムズ株式会社

丸紅情報システムズ株式会社(以下、MSYS/エムシス)は、Java仮想マシン(以下、JVM)、およびオープンソースのJava Development Kit(以下、JDK)を提供するAzul Systems,Inc.(以下、Azul)と、日本国内では初のディストリビュータ契約を締結し、販売を開始します。

 

Javaを用いた業務システム、アプリケーションは企業・政府・官公庁など幅広く利用されていますが、JDKを提供する事業者によって、今後、システムを維持するために多額のライセンス費用が発生する料金プランを設定している場合があります。

 

Javaを商用利用しているお客様は、AzulがビルドしたJava SEと100%互換性のあるオープンソースJDK「Zulu Enterprise」へ環境を移行することにより、Javaを利用するシステム全体の総コスト(TCO:Total Cost of Ownership)を抑制して既存システムを維持することが可能です。Azul製品の特長は、高水準のサポート対応とセキュリティパッチの提供を実現している点であり、国内でも製品ニーズが高まっています。

 

MSYSはAzulのJDK「Zulu Enterprise」とJVM「Zing」を、低予算でJavaを商用利用したいお客様へ提案し、今後3年間で10億円の売上を目指します。

 

・Zulu Enterprise : Java SEに100%準拠し、Open JDKTMをベースにAzulがビルドしたオープンソースJDKに、

               長期間利用できるサポートが付属する

・Zing         : 低レイテンシ、高処理レート、膨大なワーキングメモリ、一貫したレスポンスタイムを必要とする、

               ハイパフォーマンスJVM

 

■製品紹介サイト:http://www.marubeni-sys.com/azul/index.html

 

【Azul Systems,Incについて】
・代表者   : Scott Sellers
・所在地   : 385 Moffett Park Drive Suite 115 Sunnyvale, CA 94089
・設 立    : 2002年
・従業員   : 120名(2018年4月時点)
・事業内容  : Azul Systems,Inc.は、様々なリアルタイムビジネスアプリケーション用のJava仮想マシン(JVM)を

           設計、開発しており、JavaとJava Virtual Machine(JVM)の設計と開発に特化した世界で
           唯一の企業です。エンタープライズやクラウドのデプロイメントから組み込みシステム、
           Internet of Things(IoT)まで、幅広いJavaのソリューションを提供しています。

・事業分野  : Java SE標準に準拠したJDK ZingEnterpriseの開発・サポート

           OpenJDKの認定バイナリ Zulu Enterpriseの開発・サポート
           組み込み製品向けJava SEのランタイム開発・サポート

 

【丸紅情報システムズについて】
丸紅情報システムズは、最先端ITを駆使した付加価値の高いソリューションやサービスを、お客様視点で提供するソリューションプロバイダです。製造・流通・サービス・小売・金融業を中心とする様々な業界の知見と高度な提案力とグローバルな視点からお客様の差別化に貢献する最先端技術やそれを活用した新しいソリューションの開発力が当社の強みです。ソリューションや製品、サービスを通じて、お客様の期待を超える新しい「価値」の創出でお客様のビジネスを支援します。

 

<お問い合わせ先>
丸紅情報システムズ株式会社 経営企画部 広報課(プレス関係者窓口)
〒169-0072 東京都新宿区大久保3-8-2 新宿ガーデンタワー
電話:03-4243-4040
URL: http://www.marubeni-sys.com/

 

<製品に関するお問い合わせ>
丸紅情報システムズ株式会社 IT基盤ソリューション事業本部
電話:03-4243-4230

 

* 文中の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。
* ニュースリリース記載の情報は発表日現在の情報であり、予告なく変更される場合があります。