丸紅情報システムズ株式会社
丸紅情報システムズ株式会社

デスクトップ3Dプリンター「MakerBot®」の新機種「METHOD X」取り扱い開始

ニュース
2019年09月25日
丸紅情報システムズ株式会社

丸紅情報システムズ株式会社(略称:エムシス/MSYS 以下、MSYS)は、MakerBot社(以下、メーカーボット)製FDM™方式(熱溶解積層方式)3Dプリンターの新機種「METHOD X(メソッド エックス)」の取り扱いを開始します。

 

METHOD Xは、メーカーボットが2019年4月に発表したデスクトップ3Dプリンター「METHOD」の新機種です。エンジニアやプロダクトデザイナーの試作や検証といった、製造現場の要件を満たす信頼性をより向上させました。METHOD Xは、産業向け3Dプリンターのリーディングカンパニーであるストラタシス社のテクノロジーを搭載しており、その一つが従来機種のMETHODよりも高温な100度の加熱チャンバー(*1)です。造形室内の密閉と高温な加熱チャンバーにより、デスクトップ3Dプリンターでは難しいABS材料を用いた美しい造形を実現します。この汎用性のあるABS材料を使用できることで、耐久性の高い工業部品や治具も造形することができます。また、ストラタシス社が開発した可溶性のSR-30サポート材料をABS材料と組み合わせて使用できるため、機械部品などの複雑な形状でも造形が可能で、サポート部分の除去も容易です。

 

MSYSは、1992年以来、25年以上にわたり3Dプリンターの導入を促進し、活用を支援してきました。これまでの3Dプリンターの販売・保守サポートで培った豊富な経験をもとに、製造業を始めとするものづくりのお客様や教育機関へ向けてMETHOD Xを拡販します。METHOD Xの本体標準価格は110万円(税別)です。従来機種のMETHODは本体標準価格を110万円(税別)から90万円(税別)に価格変更します。MSYSは2019年度中に100台のMETHODシリーズの販売を目指しています。

 

<MakerBot® METHOD X>
METHODX
・システムサイズ : 437 (W) x 413 (D) x 649 (H) ㎜、29.5kg
・最大造形サイズ(シングルヘッドモード) : 190 (W) x 190 (D) x 196 (H) ㎜
・最大造形サイズ(デュアルヘッドモード) : 152 (W) x 190 (D) x 196 (H) ㎜
・積層ピッチ : 0.02-0.4㎜
・造形材料 : ABS、PLA(ポリ乳酸樹脂)、Tough、PETG
・サポート材料 : SR-30、PVA(水溶性サポート材料)
・電力 : 100-240V 8.1-3.4A、50-60Hz 最大800W

 

*1:造形室内温度をコントロールするヒーター

 
■製品紹介サイト: http://www.marubeni-sys.com/3dprinter/method/
 

【MakerBot®について】
メーカーボットは、FDM方式(熱溶解積層方式)を採用したデスクトップ3Dプリンターです。メインマーケットである大学までの教育機関におけるSTEM(Science, Technology, Engineering, Mathematics)教育での活用や、製造業など産業界でも幅広い分野で活用されています。メーカーボットは2009年の設立より製品開発を重ね、これまで全世界で累計10万台以上の導入実績を誇ります。
正式名称: MakerBot Industries, LLC
CEO : Nadav Goshen
本社所在地: アメリカ ニューヨーク州 ブルックリン
設立 : 2009年
URL : https://www.makerbot.com/

 

【丸紅情報システムズについて】
丸紅情報システムズは、最先端ITを駆使した付加価値の高いソリューション・サービスをお客様視点で提供するソリューションプロバイダです。製造・流通・サービス・小売・金融を中心とする様々な業界の知見やグローバルな視点、高度な提案力を強みとし新たなソリューション・サービスの提供を通じて、お客様の期待を超える新しい「価値」を創出しビジネスを支援します。

 

<プレス関係者窓口>
丸紅情報システムズ株式会社
経営企画部 広報課
〒169-0072東京都新宿区大久保3-8-2 新宿ガーデンタワー
電話:03-4243-4040 URL: https://www.marubeni-sys.com/

 

<製品に関するお問い合わせ>
丸紅情報システムズ株式会社
製造ソリューション事業本部 モデリングソリューション部
電話:03-4243-4123

 

*文中の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。
*ニュースリリース記載の情報は発表日現在の情報であり、予告なく変更される場合があります。