丸紅情報システムズ株式会社
丸紅情報システムズ株式会社

産業制御(OT)システム向けネットワークセキュリティ製品の販売を開始

ニュース
2020年07月30日
丸紅情報システムズ株式会社

 

丸紅情報システムズ株式会社(略称:エムシス/MSYS 以下、MSYS)は、トレンドマイクロ株式会社の産業制御システム向けネットワークセキュリティ製品「EdgeIPS™」、「EdgeFire™」、「OT Defense Console™」の販売を開始します。

 

近年、工場や発電所などの重要インフラでは産業制御システムをターゲットとしたランサムウェアや標的型攻撃などのサイバー攻撃が増加しています。インターネットに接続していなかった工場の制御機器やセンシング機器などが、産業用ネットワークのオープン化・標準化に伴ってインターネットに接続されたこと、および独自OSからWindowsやLinuxなどの汎用OSに遷移したことが要因となり、産業制御システムのセキュリティ対策は喫緊の課題となっています。また、インターネットに接続していない場合でも、保守作業などで持ち込まれるパソコンやUSBメモリなどへの対策を検討しておく必要があります。

 

産業用IPSの「EdgeIPS」および産業用ファイアウォールの「EdgeFire」は、ネットワークを経由した攻撃を防ぐ製品で、セキュリティソフトをインストールすることが困難な産業制御機器を保護することができます。脆弱性を悪用する攻撃を防ぐIPS/IDS(仮想パッチ)機能、産業制御機器に対するOTプロトコルの通信をプロトコル、機器、および命令の種類で制御する機能などを提供します。「OT Defense Console」は、「EdgeIPS」および「EdgeFire」配下に接続されている産業制御機器の情報を集中管理し、ブロックした不正な通信内容や通信元を可視化することでOT環境の視認性向上を支援します。

 

MSYSはお客様の導入・運用負荷軽減と安全な環境構築の支援を目的として、製品の販売に加えてセキュリティアセスメントサービスと自動監視運用サービスを提供します。セキュリティアセスメントサービスは、産業制御システムの「図面調査」、「現地調査」、「ヒアリング調査」を通じてサイバー攻撃や内部不正などの攻撃シナリオに沿ったリスク分析と評価を実施し、具体的なセキュリティ対策案を策定するサービスです。自動監視運用サービスは、MSYSが提供するオートマネージドサービスを活用した、安価で信頼性の高い自動監視・通報サービスです。自動監視運用サービスにより、「EdgeIPS」、「EdgeFire」からのセキュリティアラートを迅速かつ確実にお届けします。

 

MSYSは重要インフラを担うお客様向けにOTセキュリティ対策として製品およびサービスを提案します。

 

製品紹介サイト:https://www.marubeni-sys.com/txone/index.html

 

<製品ラインナップ>
EdgeIPS™

EdgeFire™

OT Defense Console™

 

【トレンドマイクロについて】
https://www.trendmicro.com/

 

【丸紅情報システムズについて】
丸紅情報システムズは、最先端ITを駆使した付加価値の高いソリューションやサービスを、お客様視点で提供するソリューションプロバイダです。製造・流通・サービス・小売・金融業を中心とする様々な業界の知見と高度な提案力とグローバルな視点からお客様の差別化に貢献する最先端技術やそれを活用した新しいソリューションの開発力が当社の強みです。ソリューションや製品、サービスを通じて、お客様の期待を超える新しい「価値」の創出でお客様のビジネスを支援します。

 

<お問い合わせ先>
丸紅情報システムズ株式会社
経営企画部 広報課(プレス関係者窓口)
〒169-0072東京都新宿区大久保3-8-2 新宿ガーデンタワー
電話:03-4243-4040 URL: https://www.marubeni-sys.com/

 

<製品に関するお問い合わせ>
丸紅情報システムズ株式会社
製造ソリューション事業本部
モデリングソリューション部 モデリング営業一課
電話:03-4243-4120

 

*文中の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。
*ニュースリリース記載の情報は発表日現在の情報であり、予告なく変更される場合があります。