丸紅情報システムズ株式会社
丸紅情報システムズ株式会社

新カーボンファイバー材料に対応した3Dプリンター「F190™CR」および「F370®CR」取り扱い開始

ニュース
2022年06月22日
丸紅情報システムズ株式会社

丸紅情報システムズ株式会社(略称:エムシス/MSYS 以下、MSYS)は、ストラタシス社(以下、ストラタシス)製のカーボンファイバー(炭素繊維)を含む新材料「Nylon-CF10」と同材料での造形に対応した、FDM®方式3Dプリンター「F190™CR」および「F370®CR」の取り扱いを開始します。

 

F190CRおよびF370CRは、従来の設計者、デザイナー、エンジニア、教育関係者向けに最適な工業グレード3DプリンターであるF123シリーズの新機種です。両機種で使用することができるNylon-CF10は、耐薬品性や高靭性、耐摩耗性といったナイロン素材の特長に、カーボンファイバーによる高い剛性を加えた新材料です。ソリュブルサポートに対応している為、複雑な形状も容易にサポート除去することができます。重量比強度に優れた各種治具や固定具、ドリルガイド、プレス加工用型、ロボットハンドなど製造現場で使用するツールを自由度の高い設計、安定した品質、短時間で製作することが可能で、金属製ツールの代替にも適合します。従来のF123シリーズ製品で使用できる材料も一部を除いて使用することができるため、幅広い用途で活用できる3Dプリンターです。F190CRおよびF370CRの出荷開始は、2022年6月下旬を予定しています。

 

MSYSは、1992年以来、29年以上にわたりストラタシスの正規販売代理店として製品を取り扱っています。2016年のPARTNER FIRST PROGRAM制度の開始から、7年連続で最上位のPLATINUM PARTNERに認定されています。これまでの3Dプリンターの販売、各種サービスの提供、保守サポートで培った経験を生かして、F190CRおよびF370CRの導入を支援します。

 

<F190CR、F370CR仕様>

___F190CR 本体               F370CR 本体

 

Nylon-CF10活用例

 

【ストラタシスについて】
ストラタシスは航空宇宙、車載、コンシューマ製品、ヘルスケアなどの産業向けの革新的な3Dプリンティング・ソリューションを提供し、アディティブ・マニュファクチャリングへのグローバルな移行をリードしています。スマートなコネクテッド3Dプリンター、ポリマー材料、ソフトウェア・エコシステム、オンデマンド・パーツ造形サービスを通して、ストラタシスのソリューションは製品バリューチェーンの各ステージで競争面での優位性を提供します。世界をリードする企業や組織がストラタシスのソリューションを活用し、製品設計のトランスフォーメーション、製造やサプライチェーンの迅速化、患者ケアの向上を実現しています。詳細は、https://www.stratasys.co.jp/ をご覧ください。

 

【丸紅情報システムズについて】
丸紅情報システムズは、最先端ITを駆使した付加価値の高いソリューションやサービスを、お客様視点で提供するソリューションプロバイダです。製造・流通・サービス・小売・金融業を中心とする様々な業界の知見と高度な提案力とグローバルな視点からお客様の差別化に貢献する最先端技術やそれを活用した新しいソリューションの開発力が当社の強みです。ソリューションや製品、サービスを通じて、お客様の期待を超える新しい「価値」の創出でお客様のビジネスを支援します。

 

<お問い合わせ先>
丸紅情報システムズ株式会社
経営企画部 広報課(プレス関係者窓口)
〒169-0072 東京都新宿区大久保3-8-2 新宿ガーデンタワー
電話:03-4243-4040 URL: https://www.marubeni-sys.com/

 

<製品に関するお問い合わせ>
製造ソリューション事業本部 デザインファクトリー部
電話:03-4243-4123

 

*文中の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。
*ニュースリリース記載の情報は発表日現在の情報であり、予告なく変更される場合があります。