ATOS 5

広範囲を自動で3Dスキャン

強力な光源により、ATOS 5Xは非常に大きな測定エリアを最速で自動計測できます。ATOS ScanBox シリーズとの組み合わせにより、ATOS 5X は金型、プレス部品、ボディー工場におけるハイエンドスキャニングシステムとして使用できます。

ATOS活用事例資料ダウンロードはこちら

ハイスピードテクノロジー

ATOS 5X は統合型レーザーライトコンプレッサーを搭載し、最も高輝度な光源を生成します。これにより、1000mmの測定エリアを可能とすると同時に、短露光時間での測定が可能となります。測定時間は最速0.2秒です。

特徴

最高輝度のレーザーライト光源

外乱光の影響に強い

短露光時間

黒色面、光沢面にも強い

高解像度

低ノイズレベルかつ複雑な形状を正確に測定

強靭なセンサー設計

厳しい環境下でも高精度データを提供

干渉フリーなデータ転送

光ファイバーを利用した高度なセンサー通信

プロセス安全性

工業用途利用

GOMデータ品質を利用した高速検査

製造工程をスピードアップ化

車両ボデーの内側、外側の複雑なジオメトリを含めATOS5Xで完全に自動測定する場合、30分で実行できます。 このシステムはマスターボデーゲージ、完成車やボデー製造の品質管理で高スループットを実現します。

最高品質データ取得

ATOS 5Xは自動車の蓋物部品、サイドパネルアウター、完成車について完全な3D形状データを提供します。センサーによって取得、変換されたデータの品質はキャラクターライン、小径R、トリムエッジ及び穴等の細部形状を鮮明に表現します。

デジタル組立

実際の組立の前に測定した部品は、仮想のデータ上で組立てることができます。隙間、段差や機能寸法に関する情報の早期評価だけでなく、社内の別部門やサプライヤーからの測定結果もまとめて本社で管理できます。測定結果はマスターボディーゲージを介さずとも分析することが可能です。

ATOSの活用事例を見る

以下のようなお悩み・ご要望について、お気軽にお問い合わせください。

  • 3Dスキャナ、または
    3D測定機器の選定に
    悩んでいる

  • 自社の業務にあった
    製品を知りたい

  • 製品のスペック、
    活用事例を知りたい

  • 他社製品とどこが
    違うのかを知りたい

  • 製品の価格を
    知りたい