MSYSの導入事例紹介

国内導入事例

奈良県生駒郡安堵町岩手県九戸郡野田村秋田県能代市兵庫県佐用郡佐用町
大阪市福島区横浜市



奈良県生駒郡安堵町の導入事例

導入時期
2015年1月
導入製品
LRAD-360X(8連)
設置場所
奈良県生駒郡安堵町
経  緯

水害対策を課題としていた安堵町が屋外スピーカーとして選定したのは世界初となるLRAD-360Xの8連です。

2km四方のコンパクトな自治体だからこそできる緻密な防災対策を検討し、近くでも遠くでも音量に大きな差がなく、コミュニティ機能が高いシステムとしてLRAD-360Xのシステムを導入しました。


詳細はInfiniteIdeasへ

 


LRAD60°ホーンを居住地域に向け設置

安堵町役場の屋上に設置された世界初となる8連のLRAD

 
PAGETOP

岩手県九戸郡野田村の導入事例

導入時期
2014年12月
導入製品
LRAD 60°ホーン
設置場所
岩手県九戸郡野田村
経  緯

災害で流出した子局復旧のため、ポールを新設し沿岸部と内陸に向けてストレートホーンを取り付ける計画でいたが、住民の要望により内陸300m以上の居住地域にも明瞭な音を届けさせる必要があった。
そこで、居住地に向けるスピーカーをLRAD 60°ホーンに切り替える事で、今まで中間に生い茂る樹木などの影響で聞き取れなかった音声が、明瞭に聞こえる様になった。

 


LRAD60°ホーンを居住地域に向け設置

居住地域に向け設置されたLRAD60°ホーン

 
PAGETOP

秋田県能代市の導入事例

導入時期
2014年2月
導入製品
LRAD-360MINILRAD60°ホーン
設置場所
秋田県能代市
経  緯

能代市では、旧能代市の一部と旧二ツ井町に防災行政無線システムがあり、これを統合するとともに未整備地域への子局設置を行った。
設計段階で屋外拡声子局の最適な位置を決定し、子局の近くでもうるさ過ぎず、かつ遠くまで音が届くようにスピーカーは全方位型のLRAD-360MINIと指向性のある60°ホーンを組み合わせて設計した。
導入前に実施したデモンストレーションで設計通りの音達距離となり、導入を決定した。

 


秋田県能代市で行政無線として導入されたLRAD

秋田県能代市で行政無線として導入されたLRAD。 360MINIと60°ホーンを市内十数カ所に最適な配置で設置された。

 
PAGETOP

兵庫県佐用郡佐用町の導入事例

導入時期
2013年3月
導入製品
LRAD-360X(2連)
設置場所
兵庫県佐用郡佐用町
経  緯

2009年8月に大きな被害をもたらした台風9号。その中でも被害の大きかった佐用町は「災害検討委員会」を設置し、防災体制のあり方を徹底的に検証した。
その佐用町が最も有効な防災スピーカーとして選んだのはLRAD-360Xであった。
従来型スピーカーとは全く違う音圧性能とクリアな音質。
LRADが「星降る町」を見守っている。


詳細はInfiniteIdeasへ

 


佐用町の防災スピーカーとしてLRAD-360Xが選ばれた

佐用町の防災スピーカーとしてLRADー360Xが選ばれた

 
PAGETOP

大阪府大阪市福島区の導入事例

導入時期
2013年5月
導入製品
LRAD-360X(4連)
設置場所
大阪府大阪市福島区
経  緯

「災害に強い街づくり」を掲げた福島区は、ゲリラ豪雨や地震、津波など様々な情報のインプットを整備した。しかし、インプットからアウトプットまでのテストをした結果、肝心のアウトプットであるスピーカーから情報が聞こえた住民は、全体の僅か25%であった。
そこで360度全方位に、且つ遠くまで音声を伝達出来るLRAD-360Xを区役所庁舎の屋上に設置し、半径約1kmの広範囲を1台でカバーする運用を実施している。


詳細はInfiniteIdeasへ

 

 


大阪市福島区の区役所庁舎の屋上に設置されたLRADー360X

大阪市福島区の区役所庁舎の屋上に設置されたLRADー360X

 



区庁舎から250mはなれた地点での音声

 
PAGETOP

トライアスロンの世界大会での採用事例

導入時期
2011年9月
導入製品
LRAD-1000XiLRAD-100X
設置場所
神奈川県横浜市
経  緯

トライアスロン競技世界最高峰の大会である「トライアスロン世界選手権シリーズ」。そのシリーズの一戦が毎年、横浜で開催されている。
ところが、2011年の東日本大震災直後、出場選手や大会関係者の不安が高まり、大会の継続が危ぶまれた。
そこで、大会運営の安全対策として採用されたのが、高い指向性をもった長距離スピーカーLRADであった。
競技期間にLRADを山下公園内大会本部側や係留されている日本郵船氷川丸に配置し、スイム競技の選手と観客の安全を見守っている。


詳細はInfiniteIdeasへ

 

 


山下公園 氷川丸に設置されたLRAD1000X

万が一の災害発生時に備え、スイム会場である山下公園前全面海域を見守るように氷川丸に設置されたLRADー1000Xi。

 
PAGETOP