丸紅情報システムズ株式会社 NAVI

ビーコンを利用した位置情報連動サービス クーポンやユーザの回遊性向上、行動履歴の分析

Beaconとは

Bluetoothの無線発信装置です。
ヘッドホンなどのペアリングで使われるものと異なり、Bluetooth low Energyという省電力規格を利用しており、長時間利用出来ることが特徴です。
スマートフォン(アプリ)は、Beacon電波を受け取ることで位置情報連動したコンテンツを受け取ることが可能になります。
大型施設では館内の説明やルート案内をしたり、また事業者様側ではユーザーがどのようなルートを通ったかという行動履歴の取得にも利用できます。

  • iBeaconとは?

    2013年にApple社が発表したBLE(Bluetooth Low Energy)を用いたビーコンの規格です。
    GPS(Global Positioning System)が屋内や地下などGPS衛星からの電波が届かない場所では測位が難しいのに対して、iBeaconは、屋内や地下でも問題なく利用でき、数cm~数十cmレベルで位置を特定できるために、通路や店舗のような狭い範囲で情報をピンポイントに発信できる利点があります。
    また、通常のBluetoothではすぐに電力を使い果たしてしまうのに対して、BLEは極力電力を使わない規格で、屋外や電源から遠い場所での利用に適しています。

  • Eddystoneとは?

    2015年7月にGoogle社が発表したBLE(Bluetooth Low Energy)を用いたビーコンの規格です。
    Apple社のiBeaconはiOS専用でかつブラックボックス化された規格ですが、EddystoneはAndroidだけでなく、iOSでも使用でき、BLEを使用するプラットフォームであれば利用可能なオープン化された規格です。
    また、iBeaconがIDのみの発信を行いますが、EddystoneはID、URL、TLM(Transaction Level Modeling)の3種類に対応しています。

製品紹介

RapiNAVI Air2

単3電池2本で業界トップの電池寿命と電波範囲を実現(100ms の電波発信頻度) なりすまし防止機能(オプション)やEddystone規格にも対応しております。

詳細はこちら

RapiNAVI Air

ACアダプタ付属しており電源駆動、電池駆動でも利用できるハイブリッドタイプ。

詳細はこちら

Micro Beacon

持ち運び用超小型ビーコン端末。直径27mm、厚さ9.1mm、重さ9g。生活防水にも対応。 オプションでクリップなども付けることが可能です。

詳細はこちら

機能/特徴

Beacon 1

エレベータ付近Beacon1がお客様に向けてWelcome画面と共に店舗のイチオシ情報をお客様スマートフォンに告知し、Beacon2に誘導します。

Beacon 2

Beacon2がシューズエリア付近でいくつかのクーポンを配布し、お客様にプッシュ。パンツのクーポンに興味があることが分かったのでタイムリーにBeacon3に誘導します。

Beacon 3

Beacon3がパンツ売り場でイチオシのセール情報を配布します。今回は、スキニーデニムセール対象品25%OFFのクーポンを利用し商品を購入されました。

詳細はこちら

利用例/ソリューション

工場、農畜産業、ヘルスケア

BeaconといえばO2O、小売業向けのツールというイメージがありますが、今技術を他の分野へ応用することが期待されています。たとえば工場では、作業員の行動を分析することで作業効率の向上、作業安全性の向上に役立ちます。

施設内行動分析

水族館や博物館、ショッピングモールのような大型施設内にBeacon端末を複数設置することで各Beacon電波範囲の出入り情報などのログ情報をサーバー側で蓄積。このビックデータを分析することでユーザーがどのように施設内を行動しているかがわかります。

ショップやイベントでの情報配信

ショップでのクーポン配信、回遊性向上のためのスタンプラリー、商品の詳細情報を配信するインストアメディアとして利用することができます。公共施設、例えば駅などにビーコンを設置しタイムセール情報を配信することで新規顧客の獲得に貢献します。

詳細はこちら

ODM,OEMならお任せください

御社ブランドの浸透を図るためには、ODM、OEMが最適です。

御社製品や御社認知のために、御社ブランド名での製品提供を行うODM(Original Design Manufacturing)やOEM(Original Equipment Manufacturing)をお勧めいたします。
ODMは御社ブランドで製品を設計・生産することであり、OEMは御社ブランド名で製品を生産することをいいます。
いずれも、弊社の高い技術と長年の経験に裏付けされる技術により生産されるもので、チップから完成品まで、どの工程からも対応可能です。

詳細はこちら