使用事例

オンボーディング

新しいメンバーを会社にオンボーディングすると、チームの生産性に直接影響します。開発責任者は、時間をかけて新しいチームメンバーを加速させ、プロジェクトの範囲を説明する必要があります。グループ内で、異なるスキルレベルの知識を交換することで、手元のプロジェクトから個々の着眼点を分けることができます。開発責任者は、新しいチームメンバーにプロジェクトの範囲を説明するのに時間が必要です。

オンボーディング1
オンボーディング2
Emboldは、コードレベルまでの問題を包括的に表示し、説明することで、新しい開発者を現在のプロジェクトに導きます。よって、すぐに相関関係と依存関係を理解することができます。開発者は、プロジェクトの全体的な構造とデザインをよりよく把握できるため、スキルを磨くことができます。Emboldを使うことで、シニア開発者は、チーム全体でプロジェクトを進めるために、より多くの時間を費やすことができます。
オンボーディング3

洞察力

  • 品質意識

    大きなプロジェクトの適切な監視を確立して維持することは困難です。問題に優先順位を付け、最も注意が必要な部分にリソースを割り当てることは困難です。

  • リスク削減

    バグと設計の問題は通常、開発プロセスの動的テスト段階で発見されます。複数の問題が見つかった場合、プロジェクトはそれらが解決されるまで開発に戻ります。

  • サプライヤー管理

    サプライヤーのソフトウェアの機能をテストすることは簡単ですが、コードの品質を評価することは非常に困難です。一部の企業は、機能のみに基づいて配信を受け入れるため、主要な問題が発生する可能性があります。

生産性

  • 適時性

    不完全な情報や非常に複雑なコードは、プロジェクトの適時性を危うくします。重要な情報は見落とされ、開発作業を誤まった方向に導き、プロジェクトを遅延させる可能性があります。

  • コードレビュー

    コードのレビューは時間のかかるタスクであり、各コミットがシステム全体に及ぼす影響を理解することも難しい場合があります。

  • オンボーディング

    新しいメンバーを会社にオンボーディングすると、チームの生産性に直接影響します。開発責任者は、時間をかけて新しいチームメンバーを加速させ、プロジェクトの範囲を説明する必要があります。

MENU

CONTACT
無償評価版
お問い合わせ
TEL:03-4243-4166
Emboldに関する
お問い合わせ・お見積りのご希望等は、
お気軽にお問い合わせフォーム・お電話で
お問い合わせください。