Virtual Measuring Roomバーチャル測定室(VMR:Virtual Measuring Room)

VMRは自動化した3Dデジタル化に不可欠なモジュール機能

ATOS Professionalソフトウェアに基づいてGOMは追加のVMRソフトウェアモジュールを提供します。VMR(バーチャル測定室)はATOS測定セルの全ての機能を制御する測定計画ソフトウェアです。VMRは実際の測定環境、ロボットの動きを仮想的にシミュレーションができるため、ユーザは特定のロボットプログラミングのスキルを必要とすることなく簡単に操作できます。全てのロボットの動きは測定前にシミュレーションされ、干渉チェックなどの安全性確認が実行されます。

検査計画

測定計画が付加されたCADデータを同時にインポートし、格納されていた検査項目を測定計画から自動的に検査特性へ割り当てられます。測定レポートは事前にオフラインで準備できるため、測定結果は測定完了後に瞬時に表示されます。

オートティーチング機能

VMRのオートティーチング機能によって全ての検査フィーチャーととCAD表面の即手に必要となるセンサ位置が計算されます。続くパスの最適化によって動作時間と干渉回避の観点からセンサ位置の順序が改善されます。オートティーチング機能によって高い信頼性かつ動作時間が最適化されたロボットプログラミングに要する工数が最小限に抑えられます。

バーンイン

オフライン作成した測定プログラムは自動化プロセスを用いたATOS ScanBoxで1度だけ動作確認を行います。ロボットは自動的に測定位置に移動して実際の対象物上で露光時間などの最適な測定パラメータを定義します。特有機能によってソフトウェアは光沢による測定エラーを防ぐために自動的に対象物の光沢状態を把握してフリンジプロジェクションを調整します。

シリーズ測定

事前作成された測定プログラムを流用して、他の測定物を検査する準備を行うことができます。ロボットはソフトウェアで完全に制御され、測定位置に沿ってを順次移動します。各測定データ結果が品質基準を満たしているかのチェックが実行されます。CADや測定計画のデータ変更はパラメータ化されたソフトウェアによって素早く更新されます。

測定評価

全てのデータ取得が実行された後にソフトウェアはポリゴン処理を行い、検査計画に基づいて実測値を計算します。このデータは設計CADデータと比較してレポート表示されます。測定結果は特別なエクスポート形式(例:SQC:統計品質管理データベースなど)で自動的に保存されます。さまざまな測定物の測定手順の場合も完全に自動実行できます。

Kioskインターフェース

KioskインターフェースはATOS ScanBoxの簡易操作を可能とする特別ユーザインターフェースです。ソフトウェアはプロセス全体を管理し、測定と検査のワークフローを自動実行します。人的操作を減らすことで高精度なデータ品質を保証します。(測定パラメータ、データ、操作システムの保護)

GOM社のすべてが分かる

– GOM Magazine –

GOM MagazineはGOM社が発行するオンラインマガジンです。GOM社の最新トピックスや導入事例といった内容を全40ページに渡って、詳細にご紹介しています。日本語版PDFを入手できるのは日本における総販売代理店を務める弊社サイトのみになります。

ダウンロードはこちら

Webセミナー

ご都合の良いときにご視聴いただけます。
過去に開催したWebセミナーをアーカイブしています。

Webセミナー

オンラインデモ

対面でのデモ実施が困難なお客様のために、
オンラインでのデモ環境をご用意しています。

オンラインデモ

カタログのダウンロード

製品情報のカタログ一式をPDFでご用意しています。
ダウンロードはこちらから。

カタログダウンロード

デモ&お見積もり

デモ、お見積もりは以下よりご請求ください。
オンラインでのデモも承っております。

デモ&お見積もり